ケイマン諸島規制当局、バイナンスの無認可運営を指摘

ケイマン諸島規制当局、バイナンスの無認可運営を指摘

ケイマン諸島の金融規制当局であるCIMA(Cayman Islands Monetary Authority )が、大手暗号資産(仮想通貨)取引所であるバイナンス(Binance)がケイマン諸島内にて認可を得ずに運営していることを7月1日に公表した。

CIMAはバイナンス、バイナンスグループ及びBinance Holdings Limitedがケイマン諸島を拠点とした取引所を運営する企業であると言及した報道を受け、バイナンスがCIMAの規制監督の対象でないことを改めて表明をしたとのことだ。

CIMAはリリースにて、ケイマン諸島内でバイナンス、バイナンスグループ(Binance Group)及びバイナンス・ホールディングス・リミテッド(Binance Holdings Limited)が暗号資産取引所を運営するための登録、ライセンス、規制、その他の権限を与えていないとのことだ。

またCIMAは、これらバイナンスの企業グループがケイマン諸島内にて活動を行っているのかを調査するとしている。

なおTHEBLOCKの報道によると、ケイマン諸島の事業登録記録では少なくともバイナンス・ホールディングス・リミテッドは地域内の事業体として法人化されているとのことだ。 

関連ニュース

タイSECがバイナンスを刑事告訴、無許可営業に対し

金融庁が暗号資産取引所バイナンスに警告、2018年以来の2度目 

イギリス金融規制当局、バイナンスにサービス停止通知 

参考:CIMATHEBLOCK
images:iStocks/Abscent84・sezer-ozger

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored