ブラジルサッカー連盟、NFTとファントークンをリリース

ブラジルサッカー連盟、NFTとファントークンをリリース

ブラジルサッカー連盟(CBF)はトルコのブロックチェーンスタートアップ企業であるビットシーテクノロジー(Bitci Technology)と提携し、NFTとファントークンをリリースすることを6月25日発表した。

発表によると、今回の提携の契約では20歳未満、17歳未満、15歳未満のチームに加えて、ブラジルの男子および女子チームが含まれている。また三年の契約期間中、ビットシーはブラジルサッカーチームのブロックチェーン領域の唯一のビジネスパートナーになる。

ビットシーが提供する技術により、ファンはトークンを介してブラジル代表チームの選手と共に特別なイベントに参加することやグッズ購買ができ、チームに関する決定についての発言権も持てるようになる

なおファントークンやNFTの売買についてはビットシーのブロックチェーンプラットフォームであるBitciChainで行わる予定で、ファントークンは最初に「Bitci.com」で販売されるとのこと。

またファントークンの先行販売日と取引日は、ビットシーとCBFの共同研究によって決定されるとのことだ。

ビットシーのCEOであるオヌールアルタン・タン(OnurAltan Tan)氏は「この重要な協力により、南アメリカに私たちの技術をもたらすことを非常に嬉しく思います。ブラジルは世界で最も注目されている国のスタッフの中でブロックチェーンの分野で主導的な地位にあります。

私たちは唯一のビジネスパートナーであることを光栄に思っており、この協力が彼らのさらなる成功をもたらすことを願っています。次のフェーズで実装するファントークンとNFTプロジェクトをブラジルのファンに提供することを楽しみにしています」とリリースにて述べている。

参考:CBF
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LeoTroyanski・msan10

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した