アニモカ・ブランズ、イングランドのクイーンズ・パーク・レンジャーズFCのNFT開発へ

アニモカ・ブランズ、イングランドのクイーンズ・パーク・レンジャーズFCのNFT開発へ

香港拠点のNFTゲーム開発企業アニモカ・ブランズ(Amimoca Brands)がイングランドのサッカークラブであるクイーンズ・パーク・レンジャーズFC(Queens Park Rangers Football Club:QPR)に関するNFT開発と販売を6月25日に発表した。

発表によると年内に限定版のコレクターズアイテムのセットを販売する予定であるとのこと。

クイーンズ・パーク・レンジャーズのコマーシャル・ディレクターであるユアン・イングリス(Euan Inglis)氏は「我々は、この2シーズンの間に数多くの革新的なデジタル製品を発表してきました。私たちは、サッカークラブにとって非常にエキサイティングな分野であるブロックチェーン、NFT、トークン化に強い関心を持っています。スポーツチームにとって、ユニークで所有者が真に所有できるデジタル資産を作る機会は特に魅力的です。マーケットリーダーであるアニモカ・ブランズ社の実績を見ると、この機会を逃す手はありませんでした。このパートナーシップによって開発されるコンセプトは、我々のファンベースに真の興奮をもたらすでしょう」とコメントしている。

参考:アニモカ・ブランズ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/msan10

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/9の話題】JCBとDatachainがデジタル通貨相互交換の実証、PakのNFT「Merge」が約104億円で完売など(音声ニュース)

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始、PakのNFT「Merge」、合計約104億円で完売、Messari、DAOのアグリゲーターツール提供開始、バイナンスにBiconomy(BICO)上場、米コインベースプロ、イミュータブルX(IMX)やゴッズアンチェインド(GODS)など暗号資産6銘柄を新規上場、米ジェミナイ、コロンビア大手銀行の顧客に暗号資産取引サービス提供へ、フランスとスイスの中銀、CBDCクロスボーダー決済実験に成功、ブラジルサッカーのパルメイラス、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ

Sponsored

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。