クリプトガレージ、暗号資産交換業免許取得

クリプトガレージ、暗号資産交換業免許取得

一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)が、株式会社Crypto Garage(クリプトガレージ)が暗号資産交換業者となったことを6月29日発表した。

クリプトガレージは6月7日にJVCEAの第二種会員になったばかりで、22日後に交換業免許取得に至ったことになる。

金融庁によればクリプトガレージが取り扱う通貨は「L-BTC(リキッドビットコイン)」とのことだ。

参考:一般社団法人日本暗号資産取引業協会
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored