クリプトガレージ、暗号資産交換業免許取得

クリプトガレージ、暗号資産交換業免許取得

一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)が、株式会社Crypto Garage(クリプトガレージ)が暗号資産交換業者となったことを6月29日発表した。

クリプトガレージは6月7日にJVCEAの第二種会員になったばかりで、22日後に交換業免許取得に至ったことになる。

金融庁によればクリプトガレージが取り扱う通貨は「L-BTC(リキッドビットコイン)」とのことだ。

参考:一般社団法人日本暗号資産取引業協会
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している