マーベル初の公式NFTが販売決定

マーベル初の公式NFTが販売決定

米マーベル・エンターテインメント(Marvel Entertainment)が初となる公式NFTを数ヶ月以内に販売することを6月24日発表した。

なお今回のNFTのリリースはオルビスブロックチェーンテクノロジー(Orbis Blockchain Technologies)との提携により、同社が運営するNFTマーケットプレイスVeVe(べべ)にて販売するとのこと。

ユーザーはVeVeが提供する複合現実(MR)の機能を通じて、マーベル公式のNFTデジタルコレクション、3Dフィギュア、デジタルコミックが購入できるようになる。

またVeVeを通じてユーザーはNFTコミックやコレクションを他のユーザーと交換し、また仮想ショールームにてユーザー自身が保有するコレクションを紹介できるとのこと。

さらにVeVeでは、クレジットカードでVeVeのアプリ内通貨であるGemsを購入することやGemsを現金化できるとのこと。またGemsを使用し、ユーザーはNFTを購入したり、他のユーザーにNFTグッズの売買もできる。

今回の発表には販売するキャラクターの情報について明らかになっていないが、その詳細は数週間以内に共有されるとのことだ。

参考:マーベル
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ