人気ラッパーJay-ZのNFTが販売中止、レコード会社の法的申し立て受け

人気ラッパーJay-ZのNFTが販売中止、レコード会社の法的申し立て受け

人気ラッパーであるジェイ・Z(Jay-Z)のファーストアルバム『Reasonable Doubt』のNFT発行と販売に対し、米レコード会社ロッカフェラ・レコード(Roc-A-Fella Records:RAF)が6月18日に訴状を提出したことが22日明らかになった。

『Reasonable Doubt』のNFT発行はRAFの共同創業者の一人であるデイモン・ダッシュ(Damon Dash)氏が行い、オークションにて販売を計画していたとのこと。RAFは訴状にてダッシュ氏にアルバムの販売権がないことを主張している。

RAFはダッシュ氏の他、ジェイ・Zことショーン・コーリー・カーター(Shawn Corey Carter)氏、カリーン・バーク(Kareen Burke)氏の3人によって1995年に立ち上げられたレコード会社であり、それぞれが株式の3分の1ずつを保有している。

ダッシュ氏は当初スーパーファーム(SuperFarm)というNFTプラットフォームにて6月23日に『Reasonable Doubt』のNFTのオークションを行う予定だったが、RAFの訴えを受けスーパーファームはオークションの中止を22日に発表した。

しかし訴状によると、ダッシュ氏は依然としてアルバムのNFTの販売を行おうとしており、現在も新たな販売先を探しているとRAFは説明している。

RAFはダッシュ氏の販売計画に対して「ダッシュ氏は『Reasonable Doubt』やその著作権を所有していないため、アルバムやその権利を販売する権利はありません。代わりに、RAF社が『Reasonable Doubt』のすべての権利を所有しています。手遅れになる前に、このかけがえのない資産の売却を阻止し、ダッシュ氏の窃盗の責任を追及しなければなりません」と主張している。

参考:Scribd(Roc-A-Fella Dame Dash Complaint)
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LesByerley

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない