人気ラッパーJay-ZのNFTが販売中止、レコード会社の法的申し立て受け

人気ラッパーJay-ZのNFTが販売中止、レコード会社の法的申し立て受け

人気ラッパーであるジェイ・Z(Jay-Z)のファーストアルバム『Reasonable Doubt』のNFT発行と販売に対し、米レコード会社ロッカフェラ・レコード(Roc-A-Fella Records:RAF)が6月18日に訴状を提出したことが22日明らかになった。

『Reasonable Doubt』のNFT発行はRAFの共同創業者の一人であるデイモン・ダッシュ(Damon Dash)氏が行い、オークションにて販売を計画していたとのこと。RAFは訴状にてダッシュ氏にアルバムの販売権がないことを主張している。

RAFはダッシュ氏の他、ジェイ・Zことショーン・コーリー・カーター(Shawn Corey Carter)氏、カリーン・バーク(Kareen Burke)氏の3人によって1995年に立ち上げられたレコード会社であり、それぞれが株式の3分の1ずつを保有している。

ダッシュ氏は当初スーパーファーム(SuperFarm)というNFTプラットフォームにて6月23日に『Reasonable Doubt』のNFTのオークションを行う予定だったが、RAFの訴えを受けスーパーファームはオークションの中止を22日に発表した。

しかし訴状によると、ダッシュ氏は依然としてアルバムのNFTの販売を行おうとしており、現在も新たな販売先を探しているとRAFは説明している。

RAFはダッシュ氏の販売計画に対して「ダッシュ氏は『Reasonable Doubt』やその著作権を所有していないため、アルバムやその権利を販売する権利はありません。代わりに、RAF社が『Reasonable Doubt』のすべての権利を所有しています。手遅れになる前に、このかけがえのない資産の売却を阻止し、ダッシュ氏の窃盗の責任を追及しなければなりません」と主張している。

参考:Scribd(Roc-A-Fella Dame Dash Complaint)
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LesByerley

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された