【速報】坂本龍一氏、村上龍氏、原田マハ氏、西野亮廣氏もNFT参入、Adam byGMOで

坂本龍一氏、村上龍氏、原田マハ氏、西野亮廣氏もNFTに参入、Adam byGMOで

6月16日、GMOインターネットグループが今年8月に提供予定のNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」に関する会見を開催した。この会見で「Adam byGMO」を運営する新会社「GMOアダム株式会社」の設立も発表された。

会見では、初めにGMOインターネット株式会社代表取締役会長兼社長 グループ代表の熊谷正寿氏によるプレゼンテーションが行われ、その後今後AdamでNFTを発行する予定の、西野亮廣氏、まふまふ氏、武尊氏、中村拓己氏がゲストトークで登壇、それぞれがNFTの可能性について語った。

その後「Adam byGMO」について各界の著名人の寄せられたコメントが紹介された。あたらしい経済を運営する株式会社幻冬舎の代表取締役社長である見城徹も、今回の会見に以下のコメントを発表した。

インターネットで世の中は便利になりましたが、それと同時にGAFAを代表する巨大プラットフォームの寡占という弊害を生みました。そして多くのクリエイターが、正当な対価を得られない世界がしばらく続いていました。

それを解決するのがNFTとそれを動かすブロックチェーン技術です。これらの技術は海賊版やN次流通など、出版業界のこれまでの課題を解決するのはもちろん、作品をスムーズに世界に流通できる環境、そしてトークンセールという新たな創作資金の調達手段をクリエイターにもたらします。

NFTでコンテンツの流通革命を目指す「Adam by GMO」に、幻冬舎も圧倒的なコンテンツを提供します。

現在、坂本龍一氏、村上龍氏、原田マハ氏、西野亮廣氏をはじめとするクリエイターの方々のNFTを「Adam by GMO」で発売するべく、準備しています。

これからも多くクリエイターとともに、幻冬舎は NFTを活用し、次の出版革命をリードしていきます。

株式会社幻冬舎 代表取締役社長 見城徹

このコメントにより、坂本龍一氏、村上龍氏、原田マハ氏、西野亮廣氏の「Adam byGMO」でのNFT販売予定であることが発表された。なお「Adam byGMO」は8月にローンチが予定されている。

今後あたらしい経済でもこれらのNFTの詳細について取材していく予定だ。

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバーも務める。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「Podcast総研」等のポッドキャスト配信。著書『畳み人という選択』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバーも務める。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「Podcast総研」等のポッドキャスト配信。著書『畳み人という選択』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した