0xとポリゴンが提携、100万人ユーザー獲得に向け

0xとポリゴンが提携、100万人ユーザー獲得に向け

DEXプロトコルのゼロエックス(0x)が、イーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのポリゴン(Polygon)と提携したことを6月11日発表した。

これにより両社はポリゴンネットワーク上の0x搭載アプリに100万人の新規ユーザー獲得に向け、1,050万ドルの共同出資を行った。なおポリゴンは700万ドル相当にあたるネイティブトークンMATICを、ゼロエックスは350万ドル相当のネイティブトークンZRXを支出している。

ゼロエックスはイーサリアム上のスマートコントラクトで実装されたDEX(分散型取引所)を構築するためのプロトコル。またポリゴンはイーサリアムに特化しスケーリングの課題を解決するソリューションを開発しているインド発のプロジェクトだ。以前はマティックネットワークという名称だったが、今年現在のプロジェクト名に変更している。

資金の使い道については、ユーザー獲得キャンペーンや開発者の獲得、その他のトークン規格追加、ガバナンスの設計などに利用されるとのことだ。

おすすめ記事

【独占取材】ポリゴンが目指す、人々がブロックチェーンをストレスなく使える世界(Polygon VP-Growth Arjun Kalsy)

参考:ゼロエックス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/vchal・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道