コンコーディウム、メインネットと「GTU」のローンチを発表

コンコーディウム、メインネットと「GTU」のローンチを発表

スイスのコンコーディウム(Concordium)財団がコンコーディウムブロックチェーン(Concordium Blockchain)とその暗号資産(仮想通貨)であるGTUを、6月9日にメインネットへローンチしたことを発表した。

コンコーディウムブロックチェーンはプライバシーを損なうことなく、ガバナンスと透明性を保証することを特徴とする基盤だ。コンコーディウム財団は2021年初めにプライベートセールなどで約44億円(4,100万ドル)以上の資金を調達し、直近の企業価値は約4,700億円(44億5,000万ドル)と評価されているようだ。

コンコーディウムの最高責任者であるローン・フォンス・シュローダー(Lone Fonss Schroder)氏は

「ブロックチェーン業界は、社会の一般的なルールを尊重する時期に来ています。そしてConcordiumブロックチェーンの立ち上げにより、匿名性、不透明性、透明性の欠如の時代は終わりにきています。またこれはグローバルビジネスが待ち望んでいたツールです。この業界は、信頼と受容なしには何もないことを認識する必要があります。ブロックチェーンや暗号資産業界がルールを守る必要性に目覚めるのが早ければ早いほど、ブロックチェーンの可能性が最大限に発揮されることになるでしょう」

とリリースにて説明している。

またコンコーディウムはメインネットローンチを記念して、日本にて「Concordium Genesis」というイベントを6月12日に開催する予定となっている。

記事:【取材】Concordium財団、日本向けメインネット・ローンチ・イベント「Concordium Genesis」を6月12日に開催(Japan Lead 太田真)

参考:コンコーディウム
デザイン:一本寿和
images:iStocks/monsitj・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

「ブロックチェーンが国家戦略に」政府成長戦略にてBC活用が明記

内閣官房の成長戦略会議事務局が、日本における成長戦略計画が閣議決定されたことを6月18日発表した。 この計画の「第2章 新たな成長の原動力となるデジタル化への集中投資・実装とその環境整備」には「ブロックチェーン等の新しいデジタル技術の活用」が明記されている。これによりブロックチェーンが国家戦略として取り組まれることになった

【6/18の話題】JCBとソラミツがサイバー空間サービスキット提供へ、デジタル庁重要施策にBCなど(音声ニュース)

JCBとソラミツ、サイバー空間サービスキットを提供へ。エピック・ゲームスのゲームエンジン上で、デジタル庁の重要施策にブロックチェーン、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定、米共和党、暗号資産での政治献金可能へ、アフリカでDeFi活用しエネルギーアクセス加速、Energy WebとENGIE Energy Accessが提携、チリーズのSocios. com、NBAセブンティシクサーズと提携、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)、暗号資産インデックス導入を検討か、PayPalやセールスフォースらから約15億円調達、ブロックチェーンBIツールのTRM、世界銀行がエルサルバドルのBTC導入の支援拒否。環境面と透明性を理由に、CNN、NFT販売サービス「Vault by CNN」発表、ピラミッドやスフィンクスがNFTに、エンジンとバーチャルワールズが提携、マクラーレン・レーシングがテゾスと提携、NFTプラットフォーム構築へ、露ノリリスク・ニッケル、銅とニッケルを裏付けにしたETCのトークン発行

デジタル庁の重要施策にブロックチェーン、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定

「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定 ・「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が6月18日に閣議決定された。この計画にはブロックチェーンについての言及もあり、デジタル庁の重要施策にブロックチェーンが入れ込まれたことになる。