ウィンクルボス兄弟のジェミナイ、暗号資産カストディShard X買収

米Gemini、暗号資産カストディShard X買収

暗号資産(仮想通貨)取引所とカストディサービスを運営する米ジェミナイ(Gemini)が、暗号資産カストディサービスのスタートアップであるShard X(シャードエックス)の買収を行ったことを6月9日発表した。

なお買収額については公開されていない。今回の買収はジェミナイとしてはNFT マーケットプレイスのNifty Gateway(ニフティーゲートウェイ)、暗号資産クレジットカード企業のBlockrize(ブロックライズ)に続き3度目の事例となる。

シャードエックスは、入力情報をセキュアに分割する秘密計算技術であるマルチパーティコンピュテーション(MPC)技術のリーディングデベロッパーであり、ハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM)などの高セキュリティ環境で動作することを目的としたポータブルなMPCの開発を行っている。

レジャーインサイツによると、現在大手デジタル資産カストディ会社の多くはMPCを使用しているという。MPCを使用することで、デジタル資産のロックを解除できる単一の鍵はなくなり、代わりに鍵は分散されたフラグメント(断片)に分割され、ハッキングが困難になるとのことだ。

リリースによるとジェミナイは、シャードエックスのMPC技術をジェミナイにて利用することで、顧客資産の移転スピードの大幅向上とプラットフォーム上での新規資産のリストアップや利用サポートを提供するとのことだ。

参考:Geminiledgerinsights
デザイン:一本寿和
images:iStocks/kazuma-seki

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察