スクエニとダブルジャンプ、LINE Blockchain上でNFTデジタルシールを提供へ

スクエニとダブルジャンプ、LINE Blockchain上でNFTデジタルシールを提供へ

ブロックチェーンゲームの開発・運用を行うdoublejump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ)株式会社が、株式会社スクウェア・エニックスと共同開発しているNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」の提供プラットフォームに「LINE Blockchain」を採用することを6月9日に発表した。あわせてスクウェア・エニックスは「資産性ミリオンアーサー」のティザーサイトも公開した。

また同日9日、LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社はLINE BITMAX Wallet内で「LINE Blockchain」を基盤としたNFTマーケットの提供予定であることを発表した。LINEは「LINE Blockchain」上で発行されたNFTの二次流通市場を構築することで、ユーザー間での取引の中でNFTの付加価値が高まっていく場を提供し、エコシステム内で流通する価値の最大化を目指していくとのことだ。

リリースによるとダブルジャンプトウキョウとスクウェア・エニックスが「LINE Blockchain」を採用した理由は、NFTを採用したサービスのUX改善のためのようだ。両社はNFTは盛り上がりを見せている一方、マス(大衆)をターゲットとした日本のコンテンツホルダーにとっては暗号資産ウォレットなどに精通していない人がメインのターゲットユーザーとなっており、UXの改善がNFT市場拡大の大きな足掛かりになると考えているようだ。

具体的には「資産性ミリオンアーサー」の提供プラットフォームに「LINE Blockchain」を利用することで、ユーザー認証(鍵管理)、ユーザーのGas(手数料)などが改善されると考えられている。

またダブルジャンプトウキョウは「LINE Blockchain Developers」のAPIのGo言語向けライブラリをオープンソースとして提供開始したことも明らかにした。 今後このライブラリを利用することで「LINE Blockchain Developers」のAPIへアクセスするためのHTTP設定や署名処理を簡略化し、迅速な開発を可能にしていく予定とのことだ。

関連ニュース

double jump. tokyoがスクウェア・エニックスとNFTコンテンツ開発で協業発表 

【緊急取材】スクウェア・エニックスとの提携、そして思い描くブロックチェーンゲームとNFTが作る新たな世界(double jump. tokyo上野広伸)

参考:スクウェア・エニックスLVCDJT
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Arkadiusz-Warguła・dalebor・LeshkaSmok

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。