中国成都市の建築業界、出稼ぎ労働者の給与透明化にブロックチェーン活用

中国成都市の建築業界、出稼ぎ労働者の給与透明化にブロックチェーン活用

中国四川省の成都市の建設業界で利用されている、ブロックチェーン技術を使用したアプリ「安心築(An Xin Zhu)」の仕組みと成果について、中国の国営通信社である新華社通信が5月31日に報じた。

このアプリでは、成都市の建設業従事者、特に出稼ぎ労働者の権益を保障し、顔認証技術、完全オンライン契約、ブロックチェーンでのデータ管理と記録などの機能に基づいて、出稼ぎ労働者の給与支払いの透明性と安全性を保障したとのことだ。

なおこのアプリと採用されているブロックチェーン技術は、建築業で活躍するIT企業である一智科技と上海交通大学の暗号・コンピュータセキュリティ研究室が共に開発したものだ。

報道によると、これまで「安心築」アプリは、中国全国で約70個のプロジェクトで試験運用され、25,000人の出稼ぎ労働者がアプリに登録している。アプリを通じて労働者へ支払われた累積給与は2,000万元(約3億円)を超えており、給与の支払いの延滞や要求がないとのこと。

アプリを利用している労働者は「長い間働いてきたが、自分が毎日いくら稼いでいるのか初めて知りました。(アプリがあったから)給与の紛争がようやくなくなりました。月給はアプリ経由でカードに支払われ、1円が少ないこともないです」とコメントしており、また別の労働者は「昔は給与延滞の問題がありました。勤務時間も手書きで書いていたので、よく合わないことが多くて、その分のお金がもらえなかったです。でも今では毎日稼いだお金がスマートフォン(アプリ)ではっきり見られて、数日間だけ働いても給料をちゃんと貰えます」と述べている。

「安心築」アプリは成都市以外の他の省市にも推し進めらているとのことだ。

参考:新華通訊社、成都探索区块链技术保障农民工发薪
デザイン:一本寿和
images:iStock/Molnia

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した