気温上昇により自動焼却されるNFT「Two Degrees」、サザビーズにて出品

気温上昇により自動焼却されるNFT「Two Degrees」、サザビーズにて出品

米オークションハウス大手のサザビーズ(Sotheby’s)にて、産業革命前よりも世界の平均気温が2度上昇すると自動的に焼却されるNFT作品がオークションにて販売される。この作品を出品する天然資源管理のためのDAO(自律分散型組織)であるテラ0(terra0)が5月27日に発表した。

このNFT作品「Two Degrees」はドイツ南部の森林をLiDAR(Light Detection and Ranging:光を用いたリモートセンシング技術)にてスキャンした20秒の動画で、「If global warming reaches 2°C above average this NFT will burn itself:地球温暖化が平均より2℃以上になると、このNFTは自己燃焼してしまいます」と動画上に警告を載せている。この作品はイーサリアムのオラクルを通じて、NASAが毎年一回発表する地球温度データを監視し、自己破壊コード機能が持つように設定されているとのことだ。

テラ0はこの作品について「地球規模の気候変動が一定の閾値を超えると、本物の森がすぐ消えるように(この)NFTも消えます」と説明をしている。

「Two Degrees」は6月3日から10日までの期間にて、サザビーズの「Natively Digital: A Curated NFT Sale」にて販売される。

参考:サザビーズテラ0
デザイン:一本寿和
images:iStock/Björn-Forenius

おすすめ記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。