スウェーデン中銀、CBDC「e-クローナ」を外部関係者とテストへ

スウェーデン中銀、CBDC「e-krona」を外部関係者とテストへ

スウェーデンの中央銀行であるリクスバンク(Riksbank)は、同国の大手銀行であるハンデルスバンケン(Handelsbanken)とデジタルサービス企業であるタイトエブリー(TietoEVRY)と協力し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)であるe-krona (eクローナ)の技術ソリューションをテストすることを5月28日発表した。

ロイターの報道によると、今回のテストの目的はeクローナが現実世界でどのように決済されるかを試行するためであるとのことだ。

リクスバンクが今回発表したリリースには「外部関係者をテスト参加者として参加させることで、リクスバンクは参加者の既存のシステムとeクローナのパイロットの技術プラットフォームとの統合を評価することが可能になります」と述べてられている。

またタイトエブリーの発表したリリースでは、同社の金融サービスソリューションおよびインダストリーソフトウェアの責任者であるクリスチャン・セゲルスベン(Christian Segersven)氏は「スウェーデンの決済インフラにおける私たちの役割は十分に確立されており、タイトエブリーはデジタル通貨を既存の銀行インフラと統合する方法を模索する際のパートナーとなるのは自然なことです」と述べている。

関連ニュース

スウェーデンの中央銀行がデジタル通貨「e-krona」のパイロットプロジェクトを実施していることを明らかに

参考:スウェーデン国立銀行タイトエブリー
デザイン:一本寿和
images:iStock/Ninja-Studio・flowgraph

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した