米ゲームストップ、NFTプラットフォーム開発に着手

米ゲームストップ、NFTプラットフォーム開発に着手

ゲーム小売業を展開する米ゲームストップ(GameStop)がNFTプラットフォームの開発に向けて、新たにウェブサイトを公開したことが5月25日に明らかになった。

公開されたウェブサイトでは、「CHANGE THE GAME(ゲームを変える)」の文言とともに、イーサリアムのマークがついたゲーム機のアニメーションが描かれている。またサイトの下部にはイーサリアムアドレスと「私たちはチームを作っています。優秀なエンジニア(solidity、react、python)、デザイナー、ゲーマー、マーケター、コミュニティリーダーを歓迎します。」というメッセージが書かれている。

なお、サイトにあるイーサリアムアドレスについてEtherscanで検索すると、このアドレスがGMEトークンと呼ばれるゲームストップの専用のトークンを示していることが確認できる。

参考:GameStop
デザイン:一本寿和
images:iStocks/RiverNorthPhotography

 

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も