ブロックチェーン・衛星モニタリングを活用しカーボンクレジット市場を創出、DBS銀行ら合弁会社「Climate ImpactX」を設立

ブロックチェーン・衛星モニタリングを活用しカーボンクレジット市場を創出、DBS銀行ら合弁会社「Climate ImpactX」を設立

DBS銀行、シンガポール証券取引所(SGX)、スタンダードチャータード(Standard Chartered)、テマセック(Temasek)が気候変動対策のために協力する意向を表明した。この4社は合弁会社「Climate Impact X (CIX)」を設立し、高品質なカーボン・クレジットの世界的な取引所・市場の創出を目指していく。

「Climate Impact X」は、衛星モニタリング、機械学習、ブロックチェーン技術を用いて、カーボンクレジットの透明性、完全性、品質を向上させていく。

リリースでは「Climate Impact X」の提供する役割について「世界的な気候変動への取り組みにより、企業が効果的に二酸化炭素の排出量を削減するためのソリューションが求められています。しかし現在の再生可能エネルギーソリューションを含む低炭素技術は、短期的には十分ではないと考えられます。ある研究によると、このような技術は世界の排出量の3分の2しか削減できない可能性があり、地球温暖化をできれば1.5度に抑えるという2015年のパリ気候協定の下での目標を達成するには十分ではないかもしれません。高品質のカーボン・クレジットは、特に短期的にはこのギャップを埋める実用的なソリューションを提供することができ、全体的な気候変動緩和戦略において重要な役割を果たします」と説明されている。

「Climate Impact X」カーボン・クレジットの買い手と売り手のニーズに応えるために、異なるプラットフォームと商品を提供する予定で、これには取引所とプロジェクト・マーケットプレイスが含まれ、2021年末までに開始されることとなっている。取引所では、主に多国籍企業(MNC)や機関投資家を対象に、標準化された契約を通じて大規模で高品質なカーボン・クレジットの販売を促進する。またプロジェクト・マーケットプレイスでは、ボランタリーな炭素市場への参加を希望するより多くの企業を対象に、自社のサステナビリティ目標の達成に役立つNCSプロジェクトを厳選して提供する予定だ。プロジェクト・マーケットプレイスに掲載される各プロジェクトは、透明性の高い環境影響、リスク、価格データによって支えられている。

DBS銀行の最高経営責任者であるピユシュ・グプタ(Piyush Gupta)氏は「世界は最高の国際基準のカーボン市場を必要としていることがますます明らかになっています。世界をリードする金融・取引のハブであり、強力な規制の枠組みに支えられているシンガポールは、このような持続可能な取り組みをリードするのに適しています。新しいカーボンクレジットプロジェクトの開発を促進するためには、より質の高いカーボン・クレジットが必要であり、世界的な価格の透明性を高めるために、こうしたクレジットの活発なクロスボーダー取引が必要です。私たちは、志を同じくする業界のリーダーたちを世界レベルのプラットフォームに集めることで変化を促し、世界のボランタリーカーボン市場を拡大し、低炭素経済への移行を促進することを期待しています」とコメントしている。

SGXの最高経営責任者であるロー・ブン・シー(Loh Boon Chye)氏は「SGXは、サステイナブルでトランジションな資金調達と取引のハブとして、エコシステムに貢献しています。気候変動対策は当社にとって重要な優先事項であり、国際的に認められている炭素緩和の階層を支持しています。企業のオペレーションやバリューチェーンにおける排出物の回避・削減から、可能な限り再生可能なエネルギー源の使用、そして最終的には削減が困難な排出物の中和・補填に至るまで、私たちはエコシステムと協力して進めていきます。Climate Inpact Xは、世界の商品の主要な価格発見の場としてのSGXの実績と、シンガポールの強固で信頼できる金融インフラを背景に、このビジョンの重要な一部となるでしょう」とコメントしている。

スタンダード・チャータードのグループ・チーフ・エグゼクティブであるビル・ウィンタース(Bill Winters)氏は「スタンダードチャータードは、アジア、アフリカ、中東の世界で最も急速に成長している経済圏の多くで事業を展開していますが、これらの地域は、世界の自然気候の解決策が高い割合で存在しています。私たちが共有する気候目標を達成するためには、自然を保護し、持続可能な低炭素移行を可能にするために、これらの市場に資本が大きくシフトすることが必要です。この移行を効率的に行うためには、自主的な炭素市場が必要です。自主的な炭素市場の拡大に関するタスクフォースの活動で示されているように、この市場が信頼性を持ち、効果的であるためには、一貫して高い水準のカーボンクレジットに合意する必要があります。今こそ行動の10年であり、Climate Impact Xが地球の排出プロファイルをネットゼロの未来に向けて調整する上で重要な役割を果たすことを確信しています」とコメントしている。

テマセックのチーフ・インベストメント・ストラテジストであるロヒット・シパヒマラニ(Rohit Sipahimalani)氏は「テマセックは、グローバルな投資を通じて、人々と地球にポジティブな影響を与えることを目指しています。私たちは、新しいアイデアやソリューションを促進するための資本を提供しています。Climate Impact Xは、気候変動にプラスの効果をもたらし、長期的にはその生態系に発展をもたらすビジネスに投資するという私たちのコミットメントに合致しています。私たちはこのプラットフォームが、市場と自然の両方の気候ソリューションを通じて、組織が二酸化炭素排出量に対処するのに役立つことを喜ばしく思います」とコメントしている。

参考:プレスリリース

(images:iStocks/Pavel_R・Ninja-Studio)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している