米ロビンフッド、IPOのための申請書類を来週にも公開か

米ロビンフッド、IPOのための申請書類を来週にも公開か

株式や暗号資産の取引アプリを提供する米ロビンフッド・マーケッツ(Robinhood Markets)が、来週中にも新規株式公開(IPO)のための申請書類を公開する予定であることがロビンフッド関係者の証言により明らかになった。ブルームバーグが5月19日に報じた。

ロビンフッドはIPOに向けて今年3月に米国証券取引員会(SEC)に申請書類を提出し、書類を一般公開する前に必要な修正点などの助言を受けていた。今回、申請書類が公開されることになれば、初めて一般の人々がロビンフッドの包括的な財務状況や株式に関連するリスクを知ることになる。

ブルームバーグの報道によると、関係者はロビンフッドのIPO計画は進んでいるものの時期や内容は変更される可能性があると述べている。またIPOに関してロビンフッドの代表者はコメントを控えているとのことだ。

一方でロビンフッドのサービスのような新たな投資形態に関しては規制の議論も行われており、SECの委員長であるゲイリー・ゲンスラー(Gary Gensler)氏は5月6日の公聴会にて「多くの規制は最近のテクノロジーが取引の方法を変更する前に制定されたものであり、我々は自分たちの規制を見直す必要がある」とロビンフッドについて述べている。

参考:Bloombergゲイリー・ゲンスラー氏の金融サービスに関する証言

(images:iStocks/FMNG・antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ