米ロビンフッド、IPOのための申請書類を来週にも公開か

米ロビンフッド、IPOのための申請書類を来週にも公開か

株式や暗号資産の取引アプリを提供する米ロビンフッド・マーケッツ(Robinhood Markets)が、来週中にも新規株式公開(IPO)のための申請書類を公開する予定であることがロビンフッド関係者の証言により明らかになった。ブルームバーグが5月19日に報じた。

ロビンフッドはIPOに向けて今年3月に米国証券取引員会(SEC)に申請書類を提出し、書類を一般公開する前に必要な修正点などの助言を受けていた。今回、申請書類が公開されることになれば、初めて一般の人々がロビンフッドの包括的な財務状況や株式に関連するリスクを知ることになる。

ブルームバーグの報道によると、関係者はロビンフッドのIPO計画は進んでいるものの時期や内容は変更される可能性があると述べている。またIPOに関してロビンフッドの代表者はコメントを控えているとのことだ。

一方でロビンフッドのサービスのような新たな投資形態に関しては規制の議論も行われており、SECの委員長であるゲイリー・ゲンスラー(Gary Gensler)氏は5月6日の公聴会にて「多くの規制は最近のテクノロジーが取引の方法を変更する前に制定されたものであり、我々は自分たちの規制を見直す必要がある」とロビンフッドについて述べている。

参考:Bloombergゲイリー・ゲンスラー氏の金融サービスに関する証言

(images:iStocks/FMNG・antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。