マンチェスター・シティ、プレミアリーグ優勝記念にNFT販売、利益一部は寄付

マンチェスター・シティ、プレミアリーグ優勝記念にNFT販売、利益一部は寄付

サッカークラブのマンチェスター・シティが、先週のプレミアリーグでの優勝を記念し、デジタルマーケットプレイスの「メイカーズ・プレイス(MakersPlace)」にてNFTを発行することを発表した。このNFTは、スタジアムでのトロフィー祝賀会の翌日である5月24日に販売される。

ジョン・ヌールランダー(Jon Noorlander)氏によって4つのNFT作品が作成され、そのうちの1つは「The Champions Celebrate」という作品名だ。またクラブがリーグのトップであることを記念して、このNFT作品シリーズは「1」と名称された。

NFT販売による利益の一部は、クラブのマンチェスター・シティズンズ・ギビング・フォー・リカバリー・プロジェクトの一環として、シティ・イン・ザ・コミュニティの慈善団体に寄付される予定だ。その目的の一つは、COVID-19によって引き起こされる若者のメンタルヘルス問題をサポートすることのようだ。

シティ・フットボール・グループの最高戦略責任者であるドン・ドランスフィールド氏は「このシーズンは、スタジアムにファンがいないことがほとんどでしたが、デジタル・エンゲージメントはかつてないほど重要な意味を持っていました。だからこそ、マンチェスター・シティのプレミアリーグ優勝記念の一環として、このユニークなデジタルコレクションで、他にはないシーズンを記念したいと思ったのです」とコメントしている。

参考:メイカーズ・プレイス

(images:iStocks/coward_lion・msan10)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている