ポルカドット、パラチェーン接続に向けたロードマップを発表

ポルカドット、パラチェーン接続に向けたロードマップを発表

ポルカドット(Polkadot)の共同創業者であるギャビン・ウッド(Gavin Wood)氏がポルカドットの今後のロードマップを5月18日に発表した。

ポルカドットは様々なブロックチェーン(パラチェーン)を相互接続し、1つのネットワークとして実現することを目指すプロジェクト。ウッド氏によると、ポルカドットはパラチェーン接続に向けた最終フェーズに入っているとのこと。

先週、ポルカドットの開発を主導するパリティ・テクノロジーズ(Parity Technologies)はポルカドットにパラチェーンを展開するために必要なロジックを備えたバージョン0.9をリリースした。ポルカドットの実験用の姉妹チェーンであるクサマ(Kusama)ではすでにこのアップデートが適用されているため、クサマ上でパラチェーンをホストする準備は整っているとのこと。今後、クサマ上でパラチェーン選定のためのオークションおよび1つ以上の外部パラチェーンの接続が成功すれば、ポルカドット上でのパラチェーン立ち上げが開始されるとのことだ。

<今後の予定>

5月18日にクサマでパリティ製のパラチェーンであるシェルパラチェーンの接続に成功したことが発表された。このシェルパラチェーンが24時間特に問題なく稼働すれば、シェルパラチェーンをステートマインパラチェーン(任意の資産のホスティングやネイティブトークンの保管・送金が行えるチェーン)にアップグレードさせるとのこと。

その後、ステートマインチェーンが問題なく機能することを確認し次第、クサマ上でパラチェーン選定のためのオークションを開催し、サードパーティー製のパラチェーンの接続を試みるとのことだ。

さらにKusama上でオークションが成功し次第、すぐにポルカドット上でもオークションが開始される予定とのことだ。

参考:Gavin Wood

(images:iStocks/Kateryna-Bereziuk・artacet)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/25話題】「Yay!」がWorld IDと認証連携、マウントゴックスが7月から弁済開始など

ナナメウエ「Yay!」、ワールドコインの「WorldID」との認証連携を開始、マウントゴックスが7月から弁済開始、ビットコインとビットコインキャッシュで、国内投資マネージャーの半数以上が暗号資産への投資意欲示す、レーザー・デジタルが報告、ビットポイントにドージコイン(DOGE)上場、テザー、イオスとアルゴランドでの「USDT」発行停止、イーサリアムL2「ブラスト」、プロトコルのガバナンスを管理するブラスト財団設立、アイゲンレイヤーの「EigenDA」、シビル攻撃やDDoS攻撃の対策でセキュリティ強化、ソラナ、ZK圧縮技術でブロックチェーンの保存コストを大幅削減、テザー社、台湾の大学でブロックチェーン関連の教育プログラム開始

Sponsored