パブリックブロックチェーン「Concordium」が約39億円の資金調達実施

パブリックブロックチェーン「Concordium」が約39億円の資金調達実施

プライバシー重視のパブリックブロックチェーンであるConcordiumが約39億円の資金調達を実施したことを発表した。企業評価額は約1,578億円(約14.5億ドル)となった。

調達した資金は、プロジェクトのさらなる発展、分散化、メインネットの立ち上げ、暗号資産(仮想通貨)取引所へのトークン上場のための資金として使用されるようだ。

Concordiumは2021年6月にメインネットを立ち上げ、その直後に複数の暗号資産取引所にトークンを上場する予定とのことだ。

ConcordiumのCEOであるローン・フォンス・シュローダー氏は「ここ数カ月、世界中の企業や開発者から大きな関心が寄せられています。Concordiumのブロックチェーンコードが公開されたことで、一般の開発者や、特にRust言語の開発者がConcordium上でアプリケーションを作成できるようになりました」とコメントしている。

参考:Concordium

(images:iStocks/BadBrother)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと