パブリックブロックチェーン「Concordium」が約39億円の資金調達実施

パブリックブロックチェーン「Concordium」が約39億円の資金調達実施

プライバシー重視のパブリックブロックチェーンであるConcordiumが約39億円の資金調達を実施したことを発表した。企業評価額は約1,578億円(約14.5億ドル)となった。

調達した資金は、プロジェクトのさらなる発展、分散化、メインネットの立ち上げ、暗号資産(仮想通貨)取引所へのトークン上場のための資金として使用されるようだ。

Concordiumは2021年6月にメインネットを立ち上げ、その直後に複数の暗号資産取引所にトークンを上場する予定とのことだ。

ConcordiumのCEOであるローン・フォンス・シュローダー氏は「ここ数カ月、世界中の企業や開発者から大きな関心が寄せられています。Concordiumのブロックチェーンコードが公開されたことで、一般の開発者や、特にRust言語の開発者がConcordium上でアプリケーションを作成できるようになりました」とコメントしている。

参考:Concordium

(images:iStocks/BadBrother)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored