U.S.バンク、暗号資産領域への3つの取り組みを発表

U.S.バンク、暗号資産領域への3つの取り組みを発表

アメリカ大手銀行のU.S.バンク(US Bank)が暗号資産(仮想通貨)領域への3つの取り組みを発表した。

その取り組みは、カストディサービスの展開準備、Securrencyへの投資、NYDIGのETFビットコイン・ファンドのカストディに選ばれたことである。

U.S.バンク Global Fund Servicesのチーフ・ストラテジー・オフィサークリスティーン・ウォルドロン氏は「昨年、通貨監督庁(OCC)が国立銀行に対する暗号資産カストディの認可を発表したことで、暗号資産に関するカストディプロバイダーの選定プロセスが大幅に加速しました」とCoinDeskに語っている。

またクリスティン・ウォルドロン氏は「ブロックチェーン・暗号資産業務の革新を推進するために、銀行のあらゆる分野から集まって、デジタル機能、商品開発、テクノロジーなどの分野で最善の考えを持ち寄ったことを誇りに思います。わたしたちは何年もこの分野に積極的に取り組んでおり、機関投資家のお客様にサービスを提供するために常に最適な環境を整えています」とコメントしている。

参考:U.S.バンク

(images:iStocks/mizoula・null)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと