アートフェア「TOKYO PHOTO」、NFTアートプラットフォーム「HYPER EDITION」設立

NFTアートプラットフォーム「HYPER EDITION」設立

株式会社東京フォト委員会が、写真と現代アート専門のNFTアートプラットフォーム「HYPER EDITION(ハイパーエディション)」の設立を4月27日発表した。このプラットフォームはアートフェア「TOKYO PHOTO」の創設者によって設立されたとのこと。

「HYPER EDITION」は5月開催のプレセールを経て6月にはNFTによる記録管理システムを実装させたプラットフォームをリリースし、セカンダリー市場での取引を含めたフルスケールのマーケット機能を提供する予定とのこと。また世界的なオークションハウスやアートギャラリーとの協業を推進し、グローバル市場で積極的に事業を拡大する計画とのことだ。なお初年度はグローバルのNFTアート市場の10%を目標に200億円程度の売上を見込むとしている。

また5月開催のプレセールには、国内外から世界的に著名なフォトグラファーやアーティスト約30名が参加し、「HYPER EDITION」の設立にあたり開催する特別企画「The First 1000 Photos」では5月1日より日替わりで作家陣を紹介し5月に60名、6月中には100名のNFTアートをプラットフォーム上にて販売する予定とのこと。

またリリースによると、英国国立テート美術館での個展実績のあるフォトグラファーのChris Shaw氏の参加や「Louis Vuitton X Jeff Koonz」の映像イメージやマイケルジャクソン、Basement Jaxxなどのアルバムカバーを手がけた英国のアートディレクターの Mat Maitland氏の参加が決定しているとのことだ。

関連記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

(images:iStock/Denniro)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと