米歌手エミネムのNFT作品、オークションにて10万ドルで落札

米歌手エミネムのNFT作品、オークションにて10万ドルで落札

米国の歌手、俳優であるエミネム(Eminem)が、NFTマーケットプレイス「Nifty Gateway」にて自身初となるNFT作品をオークションにて販売し、10万ドル(約1,080万円)で落札された

今回10万ドルで落札されたのは、1個限定で販売された「STAN’S REVENGE」という作品で、エミネムが自ら制作したオリジナルビートを使用したアニメーション作品だ。

落札者にはデッドストックのスニーカー「EMINEM X AIR JORDAN CARHARTT 4’S」とエミネムのウェブサイトにて1,000ドルで販売されているサイン付きフィルムアート「SSLP20 FILM STRIP SHADOW BOX (AUTOGRAPHED)」が送られる。なおこのNFT作品の収益の一部は米デトロイトやその周辺地域の貧困問題など若者を支援する団体「Marshall Mathers Foundation」に寄付されるとのことだ。

またエミネムはこの作品の他にも、15分間の制限時間で数量無制限、各313ドル(約3万円)で販売を行った「オープンエディション」や全6種類で販売数合計888枚のNFTをランダムに500ドル(約5万円)で購入する形式の「トレーディングカード」も販売しており、また「リミテッドエディション」として50個限定各5,000ドル(約54万円)で、エミネムのサイン付きで物理的な作品も手に入る2作品「TOOLS OF THE TRADE」「STILL D.G.A.F」も販売していた。

参考: eminem.com

関連記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

(images:iStock/FOTOKITA)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察