知的財産をNFT化、IBMとIPweが計画発表

知的財産をNFT化、IBMとIPweが計画発表

 IBMと知的財産マーケットプレイス運営IPwe(アイ・ピー・ウィー)が知的財産をNFTとして表現し、その記録をブロックチェーンネットワーク上に保存するためのインフラを構築する計画の開始を発表した。これらのNFTは、IBM Cloud上でホストされ、IBM Blockchainを搭載したIPwe Platform上で保存・共有される予定だ。

知的財産権のNFT化のメリットについて「知的財産のトークン化は、特許の販売、取引、商品化、その他の収益化をより容易にし、投資家やイノベーターにとって、このアセットクラスに新たな流動性をもたらすことになります」と説明されている。

さらにリリースでは「知的財産をトークン化することで、透明性が高まり、関連する取引がよりシンプルでコスト効率の高いものになります。知的財産をこのように表現することで、ライセンス、販売、商業化が可能になります。また企業は知的財産をバランスシート上の資産としてより簡単に主張することができるようになります。これまでNFTはデジタルアートやスポーツの記念品、さらには象徴的なツイートを表現するために使用されてきましたが、知的財産ベースのNFTが早期に導入されることで、発明家や企業による知的財産の扱い方に変革がもたらされる可能性があります」と説明されている。

IPweのCEOであるエーリッヒ・シュパンゲンベルグ(Erich Spangenberg)氏は「IPweプラットフォームは、透明性を高め、イノベーションを促進することで、特許資産クラスを変革することを目的としています。特許を表現するためにNFTを使用することで、知的財産との全く新しい関わり方を生み出すことができます。これは大きな知的財産を持つ大企業だけでなく、中小企業や個人の知的財産所有者にも新たな機会をもたらすことが期待されます。また、金融機関や企業が新たな特許アセットクラスの進化を促進するために、新たなサービスを提供することになると考えています」と述べている。

IBMサービスのグローバル・ストラテジック・パートナーシップ担当ゼネラル・マネージャーのジェイソン・ケリー(Jason Kelley)氏は「IBMは、知的財産とAIやブロックチェーンのビジネスへの応用において、長年にわたりリーダーシップを発揮してきました。IPweとの取り組みは、業界全体を変革する可能性を秘めたブロックチェーン機能とデジタル資産を活用した成果を推進するための、先進的なイノベーターとのコラボレーションのもう一つの例です。ビジネスがインテリジェントなワークフローで仕事のやり方を変えようとする傾向が強まる中、ブロックチェーン技術は透明性を高め、障壁を減らすための重要なツールです」とコメントしている。

今後IPweが運営しているIPwe Platformは、特許所有者やその他の特許エコシステムのメンバーが、特許のエンゲージメントや取引、購入、ライセンス、ファイナンス、販売、研究、商業化を可能にするGlobal Patent Marketplaceを実現することを目指していく。

関連記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

参考:IBM

(images:iStock/metamorworks)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと

Uniswap v3メインネットローンチ、米国の銀行でビットコインサービス提供が実現かなどのニュース解説ラジオ

ユニスワップ「Uniswap v3」がメインネットローンチ、ギャラクシーデジタル、暗号資産カストディ企業ビットゴーを約1,300億円で買収、米国銀行へビットコインサービス提供か、ストーンリッジ子会社NYDIGとフィデリティ、米国にてデジタルドルのパイロットプログラム始動、ジーニーズ(Genies)がダッパーラボやコインベースらから約71億円の資金調達、Flow上にマーケットプレイス構築、米ナスダック上場企業モゴ、投資目的にイーサリアム購入、米ナスダック上場企業メルカドリブレのビットコイン購入が明らかに、米総合格闘技団体UFC、チリーズ上でファントークン発行へ、サザビーズがバンクシーのアートオークションにて初の暗号資産決済を導入、コインベースの商取引サービスを利用、コインベースプロにてCTSI、RLC、MIR、TRBが上場へ、「17 Live」創業者のTurn Capitalが仮想通貨ウォレット企業買収、東南アジア特化の暗号資産取引所設立へ、三菱重工と日本IBM、CO2流通をブロックチェーンで可視化するデジタルプラットフォーム「CO2NNEX」構築へ、ステイクテクノロジーズ、マイクロソフトのスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択、スタートバーン、法人向けNFT導入パッケージの提供開始、オーケーコイン・ジャパン、OKExのOKBを6月以降取り扱いへ