ミック・ジャガーの新曲NFT作品、約540万円で落札

ミック・ジャガーの新曲NFT作品、約540万円で落札

イギリスのロックバンド、ローリング・ストーンズのボーカルであるミック・ジャガー(Mick Jagger)が新曲「Eazy Sleazy」をNFT化した動画のリリースし、オークション販売を行った。

このNFTは4月15日、NFTマーケットプレイスのNifty Gatewayで24時間入札が開始され、最終的に5万ドル(約540万円)の入札価格でアカウント名「brockpierce」が落札した。

NFTに使用された新曲「Eazy Sleazy」は、ミック・ジャガーとフー・ファイターズのシンガーであるデイヴ・グロール(Dave Groh)がコラボレーションで制作した楽曲だ。またNFTの動画は3Dアーティストのエクストラウェグ(extraweg )が制作した。

ミック・ジャガーは今回のNFT作品のテーマについて「いくつの必要な楽観主義を伴う、最終的に封鎖からの抜け出し(I wrote about eventually coming out of lockdown, with some much needed optimism)」と自身のウェブページにて述べている。

なおNFTの収益はすべて寄付されるとのこと。寄付金は新型コロナウィルス感染症の影響で閉鎖された音楽会場であるBack Up、Music Venue Trust、NIVAが対象でその他、収益の一部は環境問題のために使われる予定だ。

関連記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

参考:Nifty Gateway

(images:iStock/grynold

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored