エドワード・スノーデンのNFT作品、約5.4億円で落札

エドワード・スノーデンのNFT作品、約5.4億円で落札

NSAの内部告発者であるエドワード・スノーデン(Edward Snowden)氏が先日マーケットプレイス「foundation.app」にてオークション販売したNFT作品が、24時間入札にて2,224ETH(5,047,190ドル相当、約5.4億円)で4月17日に落札された。

最高金額が入札された際にスノーデン氏は「私たちはこのような入札を見たことがありません。これは壮大な見世物ではなく、劇的なドラマです。(we’ve never seen anything like this. This is more than a spectacle — this is drama. )」とツイートした。

また作品落札後には「私たちのチャリティーイベントに入札した人へ。あなたは私たちがより良い世界を作るのを手伝ってくれます。ずっと自由に!(deepest gratitude from EVERYONE at our @FreedomofPress to those who bid on our charity event. You help us make a better world. Stay free!)」とツイートした。

なお販売されたNFTは、著名な写真家プラトン(platon)氏によるスノーデン氏の肖像とNSAによる大量監視を違法とした2015年の第2巡回区控訴裁判所の判決のページがモザイク状に組み込まれているものだ。

売上金の100%は2016年からスノーデン氏が取締役を務める非営利団体「Freedom of the Press Foundation」に寄付される。

関連ニュース

エドワード・スノーデン氏、NFTオークション開催

関連記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

参考:foundation.app

(images:iStock/noLimit46

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない