エドワード・スノーデン氏、NFTオークション開催

エドワード・スノーデン氏、NFTオークション開催

NSAの内部告発者であるエドワード・スノーデン(Edward Snowden)氏がマーケットプレイス「foundation.app」にてNFTをオークション販売を開始した。売上金の100%は2016年からスノーデンが取締役を務める非営利団体「Freedom of the Press Foundation」に寄付される。

販売されるNFTは、著名な写真家プラトン氏によるスノーデン氏の肖像とNSAによる大量監視を違法とした2015年の第2巡回区控訴裁判所の判決のページがモザイク状に組み込まれているものだ。

スノーデンは「暗号技術の新たな応用は、私たちの権利を守るために重要な役割を果たします。このオークションは、報道の自由を守り、一般の人々に貢献するために、プライバシーを保護する価値のある暗号技術の開発を促進するでしょう」と述べている。

「Freedom of the Press Foundation」のエグゼクティブ・ディレクターであるトレバー・ティム(Trevor Timm)氏は「スノーデン氏の内部告発が継続的に影響を与えていることに感謝しており、彼が暴露したプログラムに対する最初の判決ほど、その影響を思い起こさせるものはないでしょう。今回のオークションの売上金をジャーナリストとその情報源を保護する技術の開発・改良に役立てることができ、大変うれしく思っています」と述べている。

参考:FREEDOM

関連記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

(images:iStock/StudioM1)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと