バイナンス、コインベース株式トークンの取引開始

バイナンス、コインベース株式トークンの取引開始

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が米国大手暗号資産取引所コインベース(Coinbase)の株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」提供を4月15日15:00(UTC)より開始した。昨日の延期発表より約11時間後取引を開始した。

バイナンスは株式をトークン化して販売する「Binance Stock Tokens」において、「Coinbase Stock Token(COIN)」の提供開始を14日発表していた。しかし、同日コインベースが米ナスダック(NASDAQ)に上場した際に「マーケットのボラティリティが高すぎる」として取り扱い開始を一時的に延期する発表を翌日行っていた。

編集部のコメント

コインベースは上場初日、公募価格381ドル、最高値429.54ドル、終値は328.28ドルをつけ、記事執筆時(4/16 11:00)は322.75ドルとなっています。

今回の発表に取引開始の理由は明記されていませんが、バイナンスが取引を開始したのはCOIN価格が安定してきたためと思われます。

関連ニュース

バイナンス、今夜ナスダック上場のコインベースの株式トークン提供を発表

バイナンス、コインベース株式トークンの提供を延期

参考:バイナンス

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/Oksanita))

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと