マイクロソフトの分散型ID認証ソリューション「ION」がビットコインメインネットでローンチ

マイクロソフトの分散型ID認証ソリューション「ION」がビットコインメインネットでローンチ

マイクロソフトが、同社が開発するデジタルIDを認証するためのフレームワーク「ION」をビットコインメインネット上で展開したことが明らかになった。

マイクロソフトのDecentralized Identityチームがビットコインのメインネット上で「ION Decentralized Identifier Network」を立ち上げた。

「ION Decentralized Identifier Network」は、ビットコインの「Lightning Network」と同様のレイヤー2ソリューションだ。ただ「ION Decentralized Identifier Network」は決済領域の課題を解決するためのソリューションではなく、ビットコインのブロックチェーンを利用した身元認証のためのデジタルIDを作成するためのソリューションである。

Microsoftのダニエル・ブクナー(Daniel Bucnher)氏は「IONのv1が完成し、ビットコインのメインネットに登場したことをお伝えできることを嬉しく思います。当社はIONノードを当社の生産インフラに配備し、他の企業や組織とも協力しています。

IONは、中央集権的なエンティティ、信頼できる検証者、特別なプロトコルトークンに依存しません。つまりIONは、コミュニティであるあなた以外の誰にも答えません。

IONはオープンでパーミッションレスなシステムなので、誰でもIONノードを運営することができ、実際、運営されているノードが多ければ多いほど、ネットワークは強くなります」とブログで記載している。

参考:ION – We Have Liftoff!

(images:iStocks/m_pavlov・dalebor・LeshkaSmok)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み