マイクロソフトの分散型ID認証ソリューション「ION」がビットコインメインネットでローンチ

マイクロソフトの分散型ID認証ソリューション「ION」がビットコインメインネットでローンチ

マイクロソフトが、同社が開発するデジタルIDを認証するためのフレームワーク「ION」をビットコインメインネット上で展開したことが明らかになった。

マイクロソフトのDecentralized Identityチームがビットコインのメインネット上で「ION Decentralized Identifier Network」を立ち上げた。

「ION Decentralized Identifier Network」は、ビットコインの「Lightning Network」と同様のレイヤー2ソリューションだ。ただ「ION Decentralized Identifier Network」は決済領域の課題を解決するためのソリューションではなく、ビットコインのブロックチェーンを利用した身元認証のためのデジタルIDを作成するためのソリューションである。

Microsoftのダニエル・ブクナー(Daniel Bucnher)氏は「IONのv1が完成し、ビットコインのメインネットに登場したことをお伝えできることを嬉しく思います。当社はIONノードを当社の生産インフラに配備し、他の企業や組織とも協力しています。

IONは、中央集権的なエンティティ、信頼できる検証者、特別なプロトコルトークンに依存しません。つまりIONは、コミュニティであるあなた以外の誰にも答えません。

IONはオープンでパーミッションレスなシステムなので、誰でもIONノードを運営することができ、実際、運営されているノードが多ければ多いほど、ネットワークは強くなります」とブログで記載している。

参考:ION – We Have Liftoff!

(images:iStocks/m_pavlov・dalebor・LeshkaSmok)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/20話題】グリーのSui採用ゲーム「釣りスタ」配信開始、コナミが「Avalancheサブネット」採用など

【取材】グリー、Sui採用ブロックチェーンゲーム「釣りスタ」配信開始、米クラーケン、入金システムバグ発見の「セキュリティ研究者」と対立、コナミが「Avalancheサブネット」採用、NFT提供ソリューション「リセラ」に、バイナンス、BNB保有者向けエアドロサービス「HODLer Airdrops」開始、バイナンスにLayerZero(ZRO)上場へ、バイナンスUS、米国の複数の州でライセンス取り消し相次ぐ=報道、ハッシュキーのグローバル向け暗号資産取引所「HashKey Global」、先物取引のサービス提供開始、ビットコインステーキング「Babylon」、テストネットの次段階を開始へ、リキッドリステーキングプロトコル「Renzo」、1700万ドル調達、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、ヴィタリックが現地参加でヘッドライナーに。本田圭佑の出演も

Sponsored