【取材追記】VRアーティストせきぐちあいみ氏のNFTアートが約1,300万円(69.697ETH)で落札(せきぐちあいみ氏)

VRアーティストせきぐちあいみ氏のNFTアートが約1,300万円で落札

VRアーティストせきぐちあいみ氏のNFTアートが、NFTマーケットプレイス「オープンシー(OpenSea)」のオークションで約1,300万円(69.697ETH)で落札された。日本国内でのNFTアート落札額としては最高額と言われている。

OpenSea「Alternate dimension 幻想絢爛」

せきぐちあいみ氏はNFTアートが落札された後「こちらのNFTArt…なんと日本円で約1300万円で落札頂きました…!正直まだ実感が無いのですがとても嬉しく、驚いております…! VRアートの新たな可能性が始まる記念すべき日となりました…!!ありがとうございます!!!!!!」とツイートしている。

なお落札したのはツイッターアカウント「脇P(jinP)」とのことだ。

追記:3月26日8時

あたらしい経済編集部は、VRアーティストせきぐちあいみ氏へ取材を行った。

せきぐちあいみ氏へ取材

-NFTアート販売を通して、VRアートやデジタルアートへどのような可能性を見出せましたか?

せきぐちあいみ:正直これまでは、 デジタルアートの作品のみでのマネタイズは厳しく、 まだ何年もかかると思っていました。VRアートという特殊なジャンルになるとより厳しいだろうなと…。

ですが、NFTアートによってデジタルアートで生きていくアーテ ィスト・ クリエイターが生まれる新たな可能性を身を持って体感させて頂きました。このような可能性が広がっていく事を願い、 私自身も広めていきたいです!

-NFTなど新しい表現方法が今後も生まれてくると思いますが 、 アーティストとして大切にしていきたい普遍的な想いはどのようなものでしょうか?

せきぐちあいみ:実体があろうとなかろうと、 心に届けるものである事に変わりないと想います。

リアルでも、バーチャルでも、アナログでも、デジタルでも、 感じるものや心残る感覚こそ一番大切なものだと思います。

参考:せきぐちあいみ氏

(images:iStocks/Azat_ajphotos)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと