【取材】音楽業界のNFT事業支援を目指す、Fracton VenturesとParadeAllがパートナーシップ契約(Fracton Ventures代表取締役 鈴木雄大氏、ParadeAll代表取締役 鈴木貴歩氏)

Fracton VenturesとParadeAllがパートナーシップ契約

Fracton Ventures株式会社とParadeAll株式会社が、音楽業界におけるNFT等を活用したアーティストのデジタルコンテンツの作成及び、国内外への展開を共同で支援するための戦略的パートナーシップ契約締結を発表した。

このパートナーシップ契約に基づいて両社は、音楽において、アーティス ト、マネジメント、レコード会社等がNFTを念頭に置いたブロックチェーンを用いたデジタルコンテンツを作成する際のコンサルティングを実施していくとのこと。

なおFracton Venturesが、ブロックチェーン基盤/プラットフォームの選定、企画及び開発、法的観点が関与する際の技術的実装のアドバイス、その他NFT活用における新たな体験の提案を行う。

そしてParadeAllが音楽業界におけるNFT事例の紹介、NFT化に適したアーティストの選定、NFT化における権利等への対応の検討を実施するとのことだ。

具体的には両社でアーティストの音源のNFT化、楽曲特典のNFT化、その他NFTを介した新しい体験の創出を通じて国内外のファンにアーティストや作品の魅力を伝えていくとのこと。

(追記:3月16日10時)

あたらしい経済編集部は、Fracton Ventures代表取締役鈴木雄大氏とParadeAll代表取締役 エンターテック・アクセラレーター鈴木貴歩氏へ取材を行った。

Fracton Ventures 鈴木雄大氏へ取材

鈴木雄大氏:アーティストを中心とした価値創出が可能であり、スマートコントラクトを介すことで二次流通でのロイヤリティー徴収などの自動化が可能です。また及びファンコミュニティの新規拡大や活性化に繋がることが期待できると考えております。

ParadeAll 鈴木貴歩氏へ取材

鈴木貴歩氏:アーティストのデジタル作品をレアな作品として販売することができるので新たな表現ができます。また二次流通からの収益分配もできます。音楽はグローバルかつ幅広い層にアピールできるアートフォームなので相性が良いと考えます。国境を気にせずに取り組めるので、海外にファンベースを持つアーティストと相性が良いと考えます。

(images:iStocks/Yevhen-Lahunov)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored