イーサリアムのLayer2技術開発のオプティミズムがa16zらから約26億円の資金調達

イーサリアムのLayer2技術開発のオプティミズムがa16zらから約26億円の資金調達

イーサリアムのLayer2技術を開発するオプティミズム(Optimism)がアンドリーセン・ホロウィッツ(Andreessen Horowitz :a16z)らから約26億円(2,500万ドル)の資金調達を行ったことを2月24日に発表した。

またオプティミズムは3月にメインネットを一部公開する予定とのことだ。

a16zはブログで「インターネットの歴史から得た教訓の一つは、開発者に強力な新しいコンピューティング・プラットフォームを与えると、開発者は、需要が供給を常に上回るほどのスピードでアプリケーションを作成するということです。

私たちはEthereumについても同じことが当てはまると考えており、スケーリングの答えは、Ethereum 2.0、ブリッジドレイヤー1、レイヤー2のソリューションを含むすべてであると考えています」と記載している。

またa16zはオプティミズムの評価として「オプティミズムが構築したもので最も素晴らしいものは、その哲学から技術スタックに至るまで、多くの点でEthereumの延長線上にあると捉えられることです。

このようにEthereumの開発パラダイムを忠実に守ることで、開発者、ウォレット、ユーザーは非常に簡単に移行することができます。新しいプログラミング言語は不要で、既存のスマートコントラクトへのコード変更は最小限に抑えられ、既存のEthereumツールの大半をすぐに利用できるようになっています」とブログで記載している。

(images:iStocks/primo-piano)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した