米ブロックチェーン開発企業R3がデータの暗号化プラットフォーム「コンクレイブ(Conclave)」をローンチ

R3がデータの暗号化プラットフォーム「コンクレイブ」をローンチ

米ブロックチェーン開発企業R3がコンフィデンシャル・コンピューティング(Confidential Computing)のプラットフォーム「コンクレイブ(Conclave)」を2月11日にローンチしたことを発表した。「コンクレイブ」はIntel Software Guard Extensions (Intel SGX)を使い 機密コンピューティングのパワーを組み合わせて作られた。

コンフィデンシャルコンピューティングとは、ユーザーがクラウド上などで企業の財務データや医療機関の医療データなどの機密情報を常時暗号化したまま利用できる技術だ。

「コンクレイブ」は、企業が実際のデータを誰にも開示することなく、データセットを安全に集約して、顧客や市場全体で共有されているビジネス上の問題を解決することを可能にする。

「コンクレイブ」を活用することで、不正行為の検出、コストの削減、価値の高いマルチパーティ分析の構築など、データの所有者がデータの処理方法をコントロールできる新世代の信頼できるサービスへの道が開かれるようになるとのことだ。

R3のリリースでは「コンクレイブ」の具体的なユースケースとして「電子市場を運営している銀行で、顧客のデータを見られていないことを保証したい場合や、機密保持規則に違反することなく不正請求に関する情報を共有する必要がある保険会社などの役に立つでしょう。

従来データは送受信時と保存時のみ暗号化されていますが、コンクレイブは処理中もデータを保護しています」と説明している。

R3のCEOであるデビッド・ラッター(David E. Rutter)氏は「独自データは共有され、効果的にプールされていれば、より大きな分析、洞察力、商業的な機会への鍵を握っています。

しかし多くの企業は、データがどのように使用されるのかという本質的な不信感から、データを送信することに抵抗を感じています。R3のコンクレイブはコンフィデンシャル・コンピューティングやIntel SGXのようなテクノロジーによって、この信頼の問題を解決するように設計されています。

コンクレイブは当社の開発者とビジネスチームの豊富な経験に裏打ちされたクラス最高の技術を提供し、データの共有、処理、分析におけるプライバシーの新時代をもたらすために、顧客に力を与えます」とコメントしている。

Corda Enterpriseとコンクレイブのシステム統合は近日中に予定されているとのことだ。

編集部のコメント

近年コンフィデンシャル・コンピューティングに注目が集まっています。2020年7月14日にGoogle CloudがGoogle Cloud Confidential Computingの提供を開始しました。

Google Cloudのブログで米投資銀行JPモルガンのディレクターモルガン・エイカーズは「J.P. Morgan Chase では、データ保護は最優先事項の一つであり、Confidential Computingをデータ保護戦略の一環として検討すべき新しいテクノロジーと考えています」とコメントしています。

このように金融機関や医療機関など機密性の高いデータを扱う企業は、コンフィデンシャル・コンピューティングに着目せざるを得ないと考えられます。

コンフィデンシャル・コンピューティングの潮流は、個人データのあり方に大きく影響を与えるWeb3.0の考えを社会実装するためにも不可欠ではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)
(images:iStocks/m_pavlov・dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も