ブロックチェーンカードゲーム「NBA Top Shot」のNFTアイテムが発売30分で約2億6,000万円の売上記録(創業メンバーのベニー・ジアン取材コメント掲載)

「NBA Top Shot」のNFTアイテムが発売30分で約2億6,000万円の売上記録

ブロックチェーン開発企業ダッパーラボ(Dapper Labs)が開発・運営するNFT(代替不可能トークン)トレーディングカードゲーム「NBA Top Shot Beta版」で販売されたデジタルカードの2,500以上のパックが即完売したことが2月8日に明らかになった。1パックの値段は約10万円(999ドル)だ。

ちなみに数人のNBA選手が「NBA Top Shot」の開発企業であるダッパーラボへ出資している。

「NFT Top Shot」はNBAプレイヤーの奇跡のシュートやプレイなどをデジタルカードにし、ユーザが売買取引を行えるようにしているサービスだ。

「NBA Top Shot」は過去30日間で約53億円(約5,300万ドル)の売上を上げていることがP2Pトンラザクション分析ツール「Cryptoslam」によって明らかになっている。

追記:2月12日13時30分

NBA Top Shotの創業メンバーBenny Giangへ取材

あたらしい経済編集部は「NBA Top Shot」の創業メンバー兼プロダクトリードのベニー・ジアン(Benny Giang)氏へ取材を行った。

ーアスリートの奇跡的な瞬間をデジタルで表現する可能性についてどう思いますか?

ベニー・ジアン:アスリートのパフォーマンスがデジタル上で表現されることは何も新しいものではありません。実際に、FIFAにはアルティメットチームと呼ばれるデジタルコレクタブルカードを活用するゲームがあります。

また米コンピュータゲーム販売企業のエレクトロニック・アーツ(EA)は、スポーツコレクティブルゲームで2020年に約1,400億円(14億ドル)を売り上げました。これはデジタルコレクタブルの需要があることを証明しています。

「NBA Top Shot」が提供していることは、スポーツの記念品やトレーディングカードを収集するのが大好きな人たちのために、自由にデジタルカードの購入、販売、取引を世界中で行える機会です。

ブロックチェーン上のデジタルコレクティブルについてのもう一つの素晴らしい点は、履歴をトレースできる点です。アスリートの奇跡の瞬間をデジタルコレクティブルで表現した「Top Shot Moment」を購入した様々なコレクターを見ることは、価値の交換を示し、所有権の物語を伝える素晴らしい方法です。

また自分自身をデジタルで表現することを考えているアスリートにとっては、ブロックチェーン上で販売されたデジタル・コレクターズアイテムで残余所得を得る機会があると思います。リーグがゲーム会社と契約する一回限りのプロモーションとは異なります。

編集部のコメント

現在ダッパーラボには「NBA Top Shot」、独自パブリックブロックチェーン「FLOW」、ウォレット「Dapper Wallet」の3チームが存在しているようです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)
(images:iStocks/msan10)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

「メイツーがイーサとビットコイン取得、ロビンフッドがナスダック上場検討など」ブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

香港証券取引所上場のMeitu Groupが15,000ETHおよび379BTCを取得、米投資アプリのロビンフッドがナスダックでの上場検討か、イーサリアムの手数料改善案「EIP-1559」が7月のアップグレードで導入予定、標準料金化へ、ジャックドーシーが自身のツイートをNFTで販売、価格は約2億7,000万円に、米金融スタートアップのエコ(Eco)がa16zらから約28億円の資金調達、Bybitが英国でのサービス提供を停止へ、IBMとモデルナが新型コロナワクチンのサプライチェーンをブロックチェーンで管理する計画発表

IBMとモデルナが新型コロナワクチンのサプライチェーンをブロックチェーンで管理する計画発表

米IBMがモデルナ(Moderna)と共に、ブロックチェーンやAIなどの技術を利用し新型コロナウイルス感染症ワクチンの管理をする計画を3月4日発表した。 モデルナは米国マサチューセッツ州に拠点を置くバイオ医薬品メーカーであり、新型コロナウイルス感染症ワクチンを開発する企業だ。日本においても武田薬品工業株式会社がモデルナの同ワクチンの製造販売承認取得後に2021年前半から5,000万回接種分を国内において順次供給予定であることを発表している

「スクエアがTIDALの株式取得、BitGoがNY信託ライセンス取得など」ブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米スクエアが音楽ストリーミング「TIDAL」の過半数株式を約300億円で取得、BitGoがニューヨーク州の信託ライセンス取得、ペイパルCEOが暗号資産専門チームについて説明、Decrypt取材、フォルクスワーゲンとエナジー・ウェブが提携、EVの電力市場への統合を目指す、【取材】FiNANCiEがBリーグ「仙台89ERS」のクラブトークンを発行、CryptoGamesが「NFT Studio」を3月リリースへ