USDC発行のサークル(Circle)が新しい送金手段として自動資金決済機関のサポートを追加

USDC発行のサークルが新しい送金手段としてACHのサポートを追加

米ドルペッグのステーブルコインUSDCの発行企業であるサークル(Circle)が、USDCと米ドルの交換および送金手段として新たにACH(Automated Clearing House:自動資金決済機関)のサポートを追加したことを1月26日に発表した。

ACHとは米国における銀行間送金システムのひとつである。複数の銀行がその日に申請された送金情報を同時にACHに送信し、それらの処理をまとめて行うという方法をとっている。膨大な数の取引をまとめて処理するため、手数料が安いという特徴がある。

これまでサークルは小口決済に適しているカード決済、大口決済に適している電信送金といった決済手段を提供してきたが、ACHはこの2つの決済手段の中間的な役割を果たすとのこと。

サークルの発表によると、取引所などの顧客企業がサークルAPIに接続することで、顧客企業のユーザーはACHを使用して米ドルとUSDCのスムーズな交換や支払いが行えるようになるとのことだ。

さらにサークルはACHのサポート追加にあたり、銀行接続APIを提供する企業プレイド(Plaid)と提携することで、顧客企業による銀行口座への接続とACH支払いの受け入れを迅速かつ簡単に行えるようにしたとのこと。

ACHサービスを含むサークルAPIの最初の採用企業としては暗号資産(仮想通貨)取引所のFTXの名前が挙げられており、FTXはサークルAPIを使用して新しい個人投資家向け暗号資産(仮想通貨)仲介商品の立ち上げを行っているとのことだ。

編集部のコメント

サークルは2018年10月からUSDCの発行を行っており、現在その発行額は55億ドル(約5,700億円)でステーブルコインの中ではテザー(Tether)に次いで2位の発行額となっています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStocks/justinroque)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している