米国証券取引委員会(SEC)が後任の議長を発表

米国証券取引委員会(SEC)が後任の議長を発表

米国証券取引委員会(SEC)が後任の議長にエラド・ロイスマン(Elad Roisman)氏を任命したことを12月24日にDecryptoが報じた。

エラド・ロイスマン氏は米国上院銀行・住宅・都市問題委員会の出身で、2018年にSECに入社。職務では、証券、金融規制、国際金融問題をめぐる問題について委員会委員長に助言を行ってきたとのこと。また経済成長や消費者保護に関連する法律の起草にも役割を果たしてきたようだ。

Decryptoは「ロイスマン氏がSECとリップル社との間の主要な規制上の戦いを引き継ぐので、これまでの経験が試されることは間違いないでしょう。しかし、その準備をする期間は1月20日のジョー・バイデン次期大統領の就任式までしかありません。なぜならバイデン次期大統領は就任した後、他の誰かにロイスマンのポジションを譲るでしょう」との見解を示している。

(images:iStock/Elen11・Stock-Ninja-Studio)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/18話題】テザーゴールド裏付けの米ドルステーブルコインaUSDT、SNPITのSNPTがGate. ioとMEXCに上場へなど

テザー社、金裏付けの米ドルステーブルコイン「aUSDT」発表、オーストラリア証券取引所、VanEckの「ビットコイン現物ETF」取扱へ、Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ、日本発Snap to Earn「SNPIT」のトークン「SNPT」、Gate. ioとMEXCに上場へ、アニモカジャパン、NFTローンチパッド「SORAH」提供開始、バイナンスにZKsync(ZK)上場へ、ユニスワップ、イーサリアムL2「ZKsync」で稼働開始、台湾、暗号資産業界の自主規制団体「台湾暗号資産ビジネス協会」を正式始動、ビットコインL2「スタックス(STX)」、ブロック生成で約9時間の遅延発生、金融庁、無登録運営で「LBank Exchange」に警告、インターネットコンピューターの支援団体「ICP Japan」発足、ローンチイベント6/29開催

Sponsored