デジタル資産取引プラットフォームINX社が2021年ローンチ予定の取引システムのデモ公開

デジタル資産取引プラットフォームINX社が2021年ローンチ予定の取引システムのデモ公開

暗号資産(仮想通貨)とセキュリティトークン取引所を運営するINX社が2021年第1四半期にローンチ予定のデジタル資産取引システムのデモ版(demo.trading.inx.co)を12月22日に公開した。

このデモではBTC、ETH、LTC、ZEC、BCHなど厳選された暗号資産の模擬取引が可能となる。このシステムはKubernetes技術をベースにしたクラウド対応で拡張性の高いシステムで、統一されたUIを特徴としており、機関投資家のプロ市場と一般投資家に同時に対応することで、暗号資産とセキュリティトークンの両方のシームレスな取引体験を実現しているとのことだ。

また取引プラットフォームとエコシステムの開発には700万ドル以上が投資されており、一から規制を考慮しているようだ。このプラットフォームは、フェアな取引の設計、セキュリティ、プライバシー対策など規制に完全に準拠したデジタル資産の上場と取引を可能にする。セキュリティ面としては、規制対応型のホワイトリスティングに特化した独自のマッチングエンジンを利用しており、ハッシュアルゴリズムを利用した秘密鍵/公開鍵検証によるユーザーID管理を実現しているとのこと。

INXの創業者兼社長であるシャイ・ダティカ(Shy Datika)は先日報じられたCoinbaseの上場申請のニュースに関して「Coinbaseが近日中にIPOを行うことを発表したことを祝福します。暗号資産取引所の初のIPOとして、INX社はこの決定に対する市場の熱意に興奮しています。そしてCoinbaseが暗号取引所の規制当局に透明性と説明責任を果たすための活動に参加してくれることを歓迎します」とコメントしている。

(images:iStock/Who_I_am)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ