スイスのデジタルバンクであるシグナム銀行が自社株のトークン化を発表

スイスのデジタルバンクであるシグナム銀行が自社株のトークン化を発表

スイスのデジタルアセットバンクのシグナム(Sygnum)銀行が、自社株をトークン化したことを12月14日に発表した。シグナム銀行のトークン化プラットフォームであるディシグネイト(Desygnate)を使用して、自社株のトークン化に成功した。シグナム銀行の狙いは、IPOを含む伝統的な資金調達の選択肢に代わる、より包括的な可能性のある選択肢を提供していくこと。

株式のトークン化とは「関連する法的権利と義務とともにトークンが作成され、分散型台帳上で不変的に会計処理されるトークンである」とリリースで説明されている。2021年にスイスで施行される「SWISS DLT law(分散型台帳法)」の内容を考慮して、トークン化されたとのことだ。

シグナム銀行は現在チューリッヒのエコシステムパートナーであるSIX Digital Exchange (SDX/SIXデジタル取引所)とのデュアル上場の可能性や、SDXとSBI Digital Asset Holdingsの間のシンガポールを拠点とするデジタル取引所のパートナーシップなど、スイスとシンガポールのホームマーケットでいくつかの戦略を模索しているようだ。

シグナム銀行の共同創業者でありグループ CEOを務めるマティアス・インバッハ(Mathias Imbach)氏は「世界で初めて株式のトークン化を実現した銀行になることを大変嬉しく思っています。これは所有権と価値へのより直接的かつ効率的なアクセスを実現するというシグナムのミッションを達成するための重要なマイルストーンです。これにはお客様やパートナーとの新たなエンゲージメントモデルが含まれており、最終的には信頼できる株主の皆様に流動性を提供することになります」とコメントしている。

SIXデジタル取引所(SDX)の責任者であるティム・グラント(Tim Grant)氏は「分散型台帳技術の利点を活用した機関投資家向けの将来性のある金融市場インフラを構築する際には、主流の採用を推進するために信頼できるプレーヤーやパイオニアが必要です。私たちはこの取り組みに関してシグナムとパートナーを組むことに興奮しており、将来的にはスイスとシンガポールでのデュアル上場を成功させたいと考えています」とコメントしている。

シグナム銀行の投資家であるヴァニラ・ぺネバ(Velina Peneva)氏は「私は銀行ライセンスを持つテクノロジーグループを構築し、信頼された安全なデジタルアセット経済の基礎を築くというシグナムのビジョンを早くから信じていました。今では新たにトークン化されたシグナム株に他のデジタルアセット投資と一緒にアクセスし、将来的には完全にデジタル化された資金調達にも参加できるようになりました。すべてはシグナムの銀行口座からです。この経験は、私を単なる顧客や株主以上の存在に感じさせてくれます」とコメントしている。

編集部のコメント

リリースで、シグナム銀行は株式のトークン化の利点として、投資家へのマイクロシェア(少額報酬付与)プログラムについて説明しています。シグナム銀行は長期的な株主や顧客に対してマイクロシェアプログラムを通じてトークン化された株式のマイクロシェアを提供することで、投資家のより緊密な関与を促し、新しい投資家や顧客をシグナム銀行に紹介するインセンティブを与えることができると考えているようです。マイクロシェアプログラムが実現すると、ブロックチェーン技術は従来の証券が提供できるものを超えた価値を付加する可能性を示すこととなり、顧客やビジネスパートナーを関与する共同所有者へと変化させるとのことです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/null・Oleksandr-Hruts)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も