Visaがサークル(Circle)と提携しVisaカードの法人取引によるUSDC支払い対応へ

Visaがサークル(Circle)と提携しVisaカードの法人取引によるUSDC支払い対応へ

米大手決済企業Visaとデジタル資産運用企業サークル(Circle Internet Financial)が提携し、Visaのグローバル決済ネットワークにてステーブルコインUSDCを接続することをフォーブスが12月2日報じた

この提携によりサークルはVisaと協力し、最終的にはすべてのVisaのクレジットカードを利用する企業が6,000万のVisa加盟店での法人取引の際にUSDCによる支払いを可能にするとのこと。

フォーブスによると、この取り組みにより企業がVisaによるUSDCの支払いを利用できるのは2021年の第一四半期になるとのこと。

またVisaの暗号資産部門の責任者であるカイ・シーフィールド(Cuy Sheffield)氏は自身のTwitterにて、「私たちはUSDCのようなステーブルコインには大きな可能性があると考えており、顧客が新しい決済フローを可能にするのを支援し、安全で便利な方法で決済エコシステムに統合されるよう支援することを約束しています」とコメントしている。

編集部のコメント

Visaは独自のネットワークを開放し、新たな決済体験を開発する幅広いフィンテック企業をサポートするグローバル戦略「Fintechファストトラックプログラム」を展開しています。

このプログラムではさまざまな規模、成長段階にある企業に対し、Visaの決済機能へのアクセスや合理化された手続きなどの新しいコマーシャルフレームワークを提供しています。 今回のサークル社との取り組みもこのプログラムの一環となるようです。

また先日も米暗号資産貸付サービス企業ブロック・ファイ(BlockFi)がビットコインリワード機能付きのVisaクレジットカードの登録受付を開始したことを発表していますが、こちらも「Fintechファストトラックプログラム」による取り組みとなります。

「Fintechファストトラックプログラム」の詳細はこちら

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/2Ban)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している