英国財務省がステーブルコインを規制する方針を発表

英国財務省がステーブルコインを規制する方針を発表

英国財務省が民間の発行するステーブルコインについて規制案を提出する方針であることが、同国財務相リシ・スナック(Rishi Sunak)氏の声明により11月9日明らかになった

この声明では英国の金融サービスの将来に向けた展望について語られており、英国の金融サービスハブとしての地位を維持するためにステーブルコインと中央銀行デジタル通貨(CBDC)を前面に打ちだしている。

声明の中ではステーブルコインが新技術として人々のお金の保管・交換方法を一変させ、支払いをより安く迅速にする可能性があると述べられている。

また消費者や金融の安定性に対するリスクを管理しつつステーブルコインの潜在的なメリットを活用するために、政府はステーブルコインに関連する取り組みについて、他の支払い方法に期待するのと同じ最低基準を満たすような規制アプローチを提案する予定であると述べられている。

また声明のなかでスナック氏は「英国がCBDCに関する世界的な議論の中で主導的な役割を果たしていることから、中央銀行が現金を補完するものとして独自のデジタル通貨を発行できるかどうか、またどのように発行できるかを検討するために、英国財務省とイングランド銀行が取り組んでいることを歓迎する」と述べている。

(images:iStock/stockdevil・Who_I_am)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored