(追記あり)株式会社アクセルがブロックチェーン活用のエコポイントシステムを高砂熱学工業のサステナブル建築の研究センターへ提供

株式会社アクセルがブロックチェーン活用のエコポイントシステムを高砂熱学工業のサステナブル建築の研究センターへ提供

AI・ブロックチェーン技術を活用したソリューションを提供する株式会社アクセルが、茨城県つくばみらい市に高砂熱学工業株式会社が開設した「高砂熱学イノベーションセンター」にアクセルが開発したブロックチェーン技術活用のポイントサービス「高砂エコポイントシステム」を提供したことを11月11日発表した。

アクセルはスマートコントラクト上のトークンとしてポイントを実装する等、「高砂エコポイントシステム」全体の開発に携わり、高度な耐障害性や相互運用性の実現に貢献をしたとのこと。

「高砂熱学イノベーションセンター」は「地球環境負荷軽減と役割・新機能による知的生産性向上を両立したサステナブル建築」と位置づけ、建物全体に太陽光発電と蓄電池システム、バイオマス発電等、最先端の独自空調システムを駆使した省エネソリューションを施している。これにより同センターのオフィス棟ではZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビルディング)、敷地全体ではZEB Ready相当のエネルギー目標の達成を目指しているとのこと。

アクセルが開発協力を行った「高砂エコポイントシステム」は従業員の各デスクに設置された個別空調機の利用状況を集計し、エコ行動に応じてポイント(高砂エコポイント)を付与するシステムとのこと。

なお獲得したポイントは、「高砂熱学イノベーションセンター」内にあるカフェレストランでの利用等が計画されているとのことだ。

なお、あたらしい経済編集部がアクセル株式会社へ「高砂エコポイントシステム」に採用しているブロックチェーンについて質問をしたところ「今回使用したブロックチェーン基盤は当社による独自開発のものではなく、汎用的なブロックチェーンを基盤にカスタマイズして実装したものになります」と回答をもらった。

2020.11.11 17:50 斜字部分追記

編集部のコメント

ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビルディング)とは快適な室内環境を実現しながら、建物で消費する年間の一次エネルギーの収支をゼロにすることを目指した建物であり、ZEB、Nearly Zeb、ZEB Readyの3段階に定義されています。

ZEB:省エネルギー(50%以上)+創エネルギーで100%以上の一次エネルギー消費量の削減を実現している建物
Nearly Zeb:省エネルギー(50%以上)+創エネルギーで75%以上の一次エネルギー消費量の削減を実現している建物
ZEB Ready:50%以上の一次エネルギー消費量の削減を実現している建物

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/inkoly・BestForBest)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した