暗号資産業界の有識者らが「フィンセン(FinCEN)文書」を非難

暗号資産業界の有識者らが「フィンセン(FinCEN)文書」を非難

暗号資産(仮想通貨)業界が「フィンセン(FinCEN)文書」の問題を通して政府と規制当局の失敗を非難しているとディクリプト(Decrypt)が報じた。

「フィンセン文書」とは2000年から2017年にアメリカ金融当局に送られて来た金融取引に関する顧客の不審な動きなどの報告がまとめられたものだ。事態が明らかになった経緯は、アメリカ財務省の金融犯罪取締ネットワークが管理していた「フィンセン文書」が流出してしまったからである。

また「フィンセン文書」によって、世界的に著名な金融機関であるHSBC、JPモルガン、バンク・オブ・アメリカ、シティバンク、バークレイズ銀行、ドイツ銀行などがテロリストや犯罪者らの資金取引を認めていたことが明らかになった。

暗号資産に特化したアドバイザリー企業であるフアン・ラノス・アドバイザーズのコンプライアンス担当役員兼アドバイザーのホアン・ラーノス(Juan Llanos)氏は「今日問題となっているのは、政府や規制当局の正当性と能力です。フィンセン文書は不適切な設計、歪んだインセンティブと私たちの欠陥のある人間性に関係している世界的なシステムの失敗の結果です」とディクリプトに語っている。

ブロックチェーンリサーチラボ(Blockchain Research Lab)の共同設立者であるインゴ・フィードラー(Ingo Fiedler)「要点は犯罪者に刑法を適用することです。過去のマネーロンダリングの不祥事で銀行が支払わなければならなかった罰金は、通常、銀行が不正な流れを処理して得た利益よりも小さかったです。刑法が最終的にこのようなケースに適用され、責任のある銀行員は刑務所に入るべき時が来ています」とコメントしている。

チェイナリシス(Chainalysis)の政策責任者であるジェシー・スピロ(Jesse Spiro)氏は「ブロックチェーン分析と組み合わせた暗号資産固有の透明性は、金融犯罪の検出、報告、調査をより効率的にします。従来の資産クラスでは、このような透明性はありません」とコメントしている。

編集:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored