中国政府主導のBlockchain Service Network(BSN)の標準スマートコントラクトに「DAML」が採用か

中国政府主導のBlockchain Service Network(BSN)の標準スマートコントラクトに「ダムル(DAML)」が採用か

スマートコントラクト言語開発企業デジタルアセット(Digital Asset)と中国のブロックチェーン開発企業 Red Date Technology(紅棗科技)が中国政府が主導するBlockchain Service Network(BSN)にスマートコントラクト言語「DAML」を統合する計画があることを9月14日にレジャーインサイツ(Ledgerinsights)が報じたまた「DAML」は、BSNを利用して分散型アプリケーション(Dapps)を開発するための「exclusive standard(独占的な標準)」となる予定とのことだ。

なおBSNは中国版とグローバル版が存在している。中国版はエンタープライズブロックチェーンのみをサポートしていて、現在ハイパーレジャーファブリック(Hyperledger Fabric)と中国のコンソーシアムチェーンであるフィスコブロックチェーンコンソーシアム(FISCO BCOS)統合されている。一方、グローバル版はイーサリアム(Ethereum)、イオス(EOS)、テゾス(Tezos)、ナーヴォス(Nervos)、ネオ(NEO)、アイアールアイエスネット(IRISnet)を含む多数のパブリックブロックチェーンと統合されている。ちなみにFISCO BCOSにはテンセントクラウド(Tencent Cloud)、アーンスト・アンド・ヤング(EY)、ITサービス・プロバイダーのフォームス・シントロン(Forms Syntron)、インターネットサービス・プロバイダーのアン(Anne)などが参画している。

Red Date TechnologyのCEOであるイーファン・フー(Yifan He)氏は「今日、各ブロックチェーン・プロトコルにはそれぞれ独自のスマートコントラクト言語が組み込まれていますがそれでは開発者にとっては開発が困難であり、開発を始めるためには多くの異なる技術を学ぶ必要があり、異なるブロックチェーンに展開したい場合はアプリケーションを完全に書き換えなければなりません。BSNの独占的なスマートコントラクト言語としてDAMLを選択することで、開発者は1つの統一的なスマートコントラクト言語をシームレスに使用し、すべてのブロックチェーンで相互運用性を持つという選択肢を得ることができます」とコメントしている。

国家情報センターのBSN開発協会の会長であるシーグアン・シャン(Zhiguang Shan)氏は「BSNは中国最大のブロックチェーンインフラのイニシアチブです。協会設立以来、我々の目標はブロックチェーンのサイロを打破し、オープンで相互運用性があり誰もがアクセス可能なエコシステムを構築することでした」とコメントしている。

編集部のコメント

スマートコントラクト言語「DAML」は、中国での採用が目立っています。数ヶ月前にテンセントの関連会社であるWeBankが、中国で開発されているHyperledger FabricとFISCO BCOSを「DAML」と統合させることを発表しました。

Legerinsightsによれば、今年11月までには、Hyperleger FabricとFISCO BCOSの間でネットワークを介して相互に動作するDAMLのアプリケーションのパイロットが行われる予定とのことです。このソリューションは、2021年に一般公開される予定とのことです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

イメージ:(sittipong-phokawattana・NatanaelGinting

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州中央銀行がステーブルコインのリスク指摘、業界有識者らFinCEN文書を非難、アモニカブランズのゲームがダッパーラボのBCフロウに移行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州中央銀行(ECB)がステーブルコインのリスクを指摘、暗号資産業界の有識者らが「フィンセン(FinCEN)文書」を非難、アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行、米CIAがブロックチェーンなどの新技術の開発研究をする「CIAラボ」設立

アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行

中国香港を拠点とするゲーム開発会社アモニカブランズ(Animoca Brands)が同社が提供するゲームタイトル「スターガール(Star Girl)」を、ブロックチェーン開発企業であるダッパーラボ(Dapper Labs)の独自ブロックチェーン「フロウ(Flow)」に移行することを9月22日発表した。またアモニカブランズは「フロウ」にて「MotoGP™」をテーマにしたブロックチェーンゲームをリリースすることも併せて発表した。

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社のCEOを発表、日本損害保険協会とNECがブロックチェーン技術の共同検証開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表、一般社団法人日本損害保険協会とNECが共同保険の事務効率化を目的にブロックチェーン技術の共同検証開始、米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携、LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。