Arteryex(アーテリックス)がブロックチェーン活用の企業向けヘルスケアアプリ「LEAF」を提供開始

Arteryex(アーテリックス)がブロックチェーン活用の企業向けヘルスケアアプリ「LEAF」を提供開始

Arteryex(アーテリックス)株式会社が岩渕薬品株式会社と共同で開発した企業向けヘルスケアアプリ「LEAF(Life with Exercise And Food)」を一般企業向けに提供開始することを9月8日発表した。

ArteryexはブロックチェーンやAIと医療を組み合わせ、医療情報プラットフォームやアプリ開発、健康経営サポートなどを行っている企業である。

今回提供開始する「LEAF」は一般企業向けの社員の健康管理を行うヘルスケアアプリ。このアプリでは従業員一人ひとりの日々の歩数・歩行距離を管理しつつ、従業員同士での歩数勝負(デュエル)機能や独自チャット機能により、従業員間のコミュニケーション促進に寄与するとのことだ。

またブロックチェーン技術を活用したセキュリティ性の高いポイント管理機能により、他の従業員へポイントを送付できるサンクスポイント制度や福利厚生ポイントの運用にも活用できるとのこと。

さらに健康診断機能では、従業員が自身の健康診断の結果をいつでも確認できるとのこと。この機能により全従業員の健康診断のレポートおよび、レポートに基づいた専門家からの健康管理施策・アドバイスの提供をし、企業の健康経営をサポートするとのことだ。

編集部のコメント

直近にあったブロックチェーン×ヘルスケアに関するニュースとして、IOST財団がプラクス株式会社と、健康管理記録のヘルスケア領域におけるブロックチェーン技術を活用したプロダクト開発に関する協定に合意したことを6月8日に発表しています。プラクス社開発の「疾病管理手帳(FAP PASSPORT)」のデータ担保にブロックチェーン技術を活用するプロジェクトを行うとのことです。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiが、マスターカード(Mastercard)が提供するNFTカスタマイズ機能を搭載した世界初のデビットカードを9月26日に発表した。このデビットカードは、利用者が保有するNFTをカード表面に表示することができる。またデビットカード利用者には1から10%のキャッシュバック特典もあるとのことだ。