PwCが防衛分野におけるブロックチェーン活用メリットを概説

PwCが防衛分野におけるブロックチェーン活用メリットを概説

プロフェッショナルサービスファームPwCが防衛分野におけるブロックチェーン活用メリットを概説したとLedgerinsightsが報じた。

PwCはサプライチェーンの複雑さを示す例として、F-35戦闘機を使用した。F-35戦闘機は1機あたり約30万個の部品が1900社以上のサプライヤーによって製造されいて、個々の部品だけでも、複数のサプライヤーからの部品を必要とするものもあるとのこと。

PwCはサプライチェーンのレベルが高ければ高いほど、サプライチェーンにおける混乱やサイバー攻撃の影響を受けやすくなるので、PwCはサプライヤーのリスク管理をより重要視すべきだと提言している。

PwCはサプライチェーンの効率化や透明性の向上など、ブロックチェーンの利点を強調した。ブロックチェーンは部品のライフサイクルのあらゆる段階を検証することができ、その透明性の特徴は単一の部品だけにサイロ化されるのではなく、サプライヤーネットワークのすべての階層にまで拡大することができると伝えている。さらにブロックチェーン技術はサプライチェーンに関与する人々の身元や資格を管理することもできると述べている。

PwCはブロックチェーンはサプライチェーンから使用中の運用資産の維持管理に至るまで、透明性とパフォーマンスを向上させる可能性は明確に存在するので、課題はどのOEM(Original Equipment Manufacturer)が大胆にイニシアチブを取り、ブロックチェーンを活用するために必要な能力への投資を開始するかということだけだと結論づけている。

編集部のコメント

米国国防総省(DOD)は、ブロックチェーンの可能性を明確に認識していて、過去1年間でブロックチェーン企業に複数の契約しています。例えば米海軍はブロックチェーン企業のSIMBA Chainに、ブロックチェーンベースのメッセージングとトランザクションプラットフォームを展開する950万ドルの契約をしました。その数ヶ月後には米空軍が部品トレーサビリティ・プロジェクトの第二段階でSIMBA Chainに150万ドルの契約をしました。

防衛分野はサプライチェーンの中でもセキュリティーの重要度が最も高い分野の1つだと考えられます。そのような分野でブロックチェーンが適用されていくと、マスアダプションの流れは加速すると考えられます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/artsstock-・XiXinXing)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州中央銀行がステーブルコインのリスク指摘、業界有識者らFinCEN文書を非難、アモニカブランズのゲームがダッパーラボのBCフロウに移行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州中央銀行(ECB)がステーブルコインのリスクを指摘、暗号資産業界の有識者らが「フィンセン(FinCEN)文書」を非難、アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行、米CIAがブロックチェーンなどの新技術の開発研究をする「CIAラボ」設立

アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行

中国香港を拠点とするゲーム開発会社アモニカブランズ(Animoca Brands)が同社が提供するゲームタイトル「スターガール(Star Girl)」を、ブロックチェーン開発企業であるダッパーラボ(Dapper Labs)の独自ブロックチェーン「フロウ(Flow)」に移行することを9月22日発表した。またアモニカブランズは「フロウ」にて「MotoGP™」をテーマにしたブロックチェーンゲームをリリースすることも併せて発表した。

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社のCEOを発表、日本損害保険協会とNECがブロックチェーン技術の共同検証開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表、一般社団法人日本損害保険協会とNECが共同保険の事務効率化を目的にブロックチェーン技術の共同検証開始、米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携、LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。