SBI北尾吉孝社長がデジタル証券取引所を大阪・神戸地区に設立する考え

SBI北尾吉孝社長がデジタル証券取引所を大阪・神戸地区に設立する考え

SBIホールディングス株式会社の代表取締役社長である北尾吉孝氏が、大阪・神戸地区にデジタル証券取引所を設立する考えであることを9月2日日経新聞の取材に対し明らかにした。

その報道によると北尾氏は大阪・神戸地区に次世代金融のハブとなる国際金融センターを置く構想の実現に向け、大阪府や政府との連携に動き始めたとのこと。

北尾氏は8月上旬に大阪府知事の吉村洋文氏と面会し、吉村氏は金融都市構想に「大賛成だ」と述べたという。また8月下旬には内閣官房長官である菅義偉氏にこの構想を説明したとのことだ。

また北尾氏は国際金融センター実現に向け「外国人のビザ(査証)取得を容易にしたり、所得税を香港並みに引き下げる戦略特区を創設すべき」と自身の考えを9月2日に東京都内で開かれた時事通信社の金融懇話会での講演にて述べている

北尾氏は大阪・神戸地区にフィンテック企業の誘致も進める考えで、今後SBIが出資する企業には「大阪・神戸に日本拠点を置くことを条件にする」と日経新聞に語ったとのこと。

大阪・神戸を国際金融都市とする構想について北尾氏は「日本の都市が国際金融センターの地位を獲得する最後のチャンス」と述べたとのことだ。

編集部のコメント

SBIホールディングス株式会社の代表取締役社長である北尾吉孝氏は「認定金融商品取引業協会」として認定されている日本STO協会の代表理事も務めています。日本STO協会はセキュリティトークンに関連するルール整備を通じた「投資家の保護・健全な業界の発展」を目指すため、昨年10月に設立された団体です。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/LuckyStep48・KrulUA)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ