米メディアThe Blockが中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関するレポートを公開

米メディアThe Blockが中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関するレポートを公開

アメリカ暗号資産(仮想通貨)メディアThe Blockが中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関するレポート「A Global Look at Central Bank Digital Currencies | Full Research Report」を公開した。このレポートはThe Blockが監査法人KPMGとBlocksetから委託を受けて作成されたとのこと。

このレポートはデジタル資産領域で事業を行なっている人、暗号資産マニアを対象に作成されたとのこと。これまでの中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発状況について、ファクトに基づきグローバルな視点を与えることを目的にしているとのことだ。

リサーチ結果として以下5つの要点がレポートで紹介されている。

1.ほんの一握りの中央銀行しかCBDCを発行することはできないだろう。ただ今後5年以内には、多くの中央銀行がCBDCプロジェクトの具体的な実施に向けて進展していくのは間違いないだろう。実際にいくつかの中央銀行はパイロット版を完了しているか、または開始しようとしている。

2.スウェーデンが行なったリテール向けのCBDCパイロットプロジェクトによって、CBDCプロジェクトの利害関係者たちは社会が技術変化に適応するためには民間市場の参加が必要であることを強く認識したとのこと。さらにCBDCのパイロットプロジェクトを成功させるためには規制のサンドボックス制度が不可欠で、官民の協力が欠かせないだろう。

3.各国の中央銀行が検討しているCBDCは通貨の二層構造の金融システムを選択している。なぜなら中央銀行は通貨を一層構造にして、金融機関の役割を分離することは現実的ではないと考えているから。

4.ある大手中央銀行は、CBDCの匿名性を分散型台帳技術(DLT)の大手企業と共同で検討し、匿名性バウチャーを使用した新しい概念実証(POC)を共同でテストしている。そしてこの実証実験は成功しているとのことだ。

5.民間企業が発行したステーブルコインとCBDCは矛盾するものではなく、設計上の補完関係にある。リテールCBDCに公開鍵暗号方式を活用したトークンが含まれている場合、現在のデジタル資産市場のインフラ(ウォレット、取引所、カストディアン、ステーブルコインプロバイダーなど)が補助的な役割を果たす可能性が高いと考えられる。

編集部のコメント

中央銀行デジタル通貨に関するリサーチは2020年に入って、非常に活発になったと考えられます。それはコロナウイルスによるデジタル化への急展と中国やFacebookのデジタル通貨構想の影響が主だと考えられます。このレポートの結論としてステーブルコインを発行した民間セクターがCBDCの秘密鍵を管理することによって共存できるのではないかという持論は非常に興味深いものです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/Stock-Ninja-Studio)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ブレイブがテイルキャットを買収、独自検索エンジン「Brave Search」の開発を目指す

プライバシーに焦点を当てた次世代分散型ブラウザであるブレイブ(Brave)の開発を行うブレイブ・ソフトウェア(Brave Software)が、オープン検索エンジンであるテイルキャット(Tailcat)を買収し、独自の検索エンジンであるブレイブ・サーチ(Brave Search)の開発を進めていることを3月3日に発表した

リップル社が中銀デジタル通貨向け「CBDC Private Ledger」のパイロット版ローンチ

リップル(Ripple)社が中央銀行デジタル通貨(CBDC)向けの「CBDC Private Ledger」パイロット版を3月3日に発表した。 「CBDC Private Ledger」は各国中央銀行に対しデジタル通貨の発行と管理を用途に、オープンソースである「XRP Ledger」のプライベートバージョンとして公開がされた。

「PayPalがCurv買収か?バイナンスとマルチコインキャピタルなど」ブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説ラジオ

PayPalがデジタル資産カストディ「Curv」を約530億円で買収か、バイナンスらが暗号資産ファンドのマルチコイン・キャピタルのリミテッド・パートナーに、AWSが「Ethereum on Amazon Managed Blockchain」の一般提供を開始、東京やロンドンなど、PayPal やコインベースら参加、米暗号資産の税務会計ソフトウェア企業TaxBitが約120億円の資金調達、カナダで2件目、Evolve FundsがイーサリアムETFの目論見書を規制当局へ提出、豊田通商がCordaを活用した船舶業界の受発注業務を一元管理するクラウドサービス「BunkerNote」を6月に提供開始へ、GMOの「GYEN」と「ZUSD」提供開始、米銀行法規制を遵守した日本円ステーブルコインの提供は世界初、チリーズが米国の市場拡大に向け5000万ドルを投資、請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」が「マネーフォワード クラウド会計」と連携開始を発表

カナダで2件目、Evolve FundsがイーサリアムETFの目論見書を規制当局へ提出

イボルブファンズグループ(Evolve Funds Group)が暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(Ethereum)のETF(上場投資信託)発行に関する目論見書をカナダの金融規制当局に提出したことを3月2日発表した。イーサリアムETFの発行申請は先日2月25日にカナダ資産運用企業のCI Global Asset Management(CI GAM)が先行して行っており、今回の目論見書提出はカナダでは2例目となる