クリプトスペルズがHuobi Japanとコラボキャンペーンを実施

クリプトスペルズがHuobi Japanとコラボキャンペーンを実施

クリプトゲームス株式会社が、同社の運営するブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ(クリスぺ)」とフォビジャパン株式会社の運営する暗号資産取引所Huobi Japanとのコラボキャンペーンを実施することを8月3日に発表した。

キャンペーン概要としては、参加条件を満たした全ユーザーにキャンペーン限定のNFT(Non-fungible-token)「次元の旅人 アリス (ゴールド)」のプレゼント実施と抽選で30名に「ティグルス・パールシュタイン(ゴールド)」のプレゼントを行うとのこと。またキャンペーンツイートをリツイートしたユーザーから抽選で20名にAmazonギフトカード2,000円分をプレゼントするとのこと。

キャンペーン期間は2020年8月3日12:00〜8月31日12:00(日本時間)となっている。

参加条件は以下の通り
(1)Huobi Japanにて口座開設済み、かつクリスペの登録をしているユーザー
(2)Huobi Japanからクリスペのアカウントと連携しているETHウォレットアドレスに0.1ETH以上を入金
(3)クリスペ内で1SPL以上を購入
(4)申請フォームより申請

編集:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/dalebor・bagotaj・-strizh-)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

コインチェックがEnjin Coin取扱開始へ、三菱電機と東工大がP2P電力取引BC開発、JCBがBC活用のIoT向け決済実験を開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

国内初、コインチェックが暗号資産Enjin Coin(ENJ)を取扱開始へ、三菱電機と東工大がP2P電力取引を最適化する独自ブロックチェーン開発、JCBとKeychainがブロックチェーンを活用したIoT向け決済の実証実験を開始、バイデン次期大統領が米証券取引委員会(SEC)の新委員長にゲイリー・ゲンスラー氏を正式に指名、暗号資産アセマネ企業グレイスケール・インベストメントの第4四半期の調達額が約3,433億円(約33億ドル)

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が仮想通貨の取引分析ツール利用方針を公表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が暗号資産(仮想通貨)の取引分析ツールの利用方針を公表、ゴールドマンサックスが暗号資産(仮想通貨)カストディサービスを近日提供か、グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始、ビットフライヤーが暗号資産積立購入サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始、アニモカブランズ(Animoca Brands)がバイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)と戦略的パートナーシップ締結

(グラコネ代表の藤本真衣氏コメントあり)グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始

SDGsとBlockchainのプラットフォーム「KIZUNA HUB」を運営する株式会社グラコネとブロックチェーンを用いたエコシステムを開発するシンガポールのエンジン(ENJIN)社が、NFT(Non-Fungible Token/代替不可能なトークン)によるチャリティープロジェクト開始を1月18日に発表した。