米証券取引委員会(SEC)がブロックチェーン分析企業CipherTrace(サイファートレイス)へBinance Networkの委託業務を依頼か

米証券取引委員会(SEC)がブロックチェーン分析企業CipherTrace(サイファートレイス)へBinance Networkの委託業務を依頼か

米証券取引委員会(SEC)が、ブロックチェーン分析企業のCipherTrace(サイファートレイス)にBinance Chainの取引分析を行う契約を委託する可能性があることを明らかにした。契約の履行期間は1年間とのこと。

CipherTraceはBNB(バイナンスコイン)とBinance Network上のすべてのトークンをサポートできる唯一のソフトウェアサービスを提供している。Binanceは2019年4月からCipherTraceのソフトウェアを利用している。またBinanceは、分析の一部分ではCipherTraceの競合であるChainalysis(チェイナリシス)とElliptic(エリプティック)のソリューションも活用している。 

Binanceの広報担当者は「Binance ChainはBinanceとコミュニティの貢献者によって立ち上げられたコミュニティ主導のソフトウェアシステムです。つまりパブリックブロックチェーンなので、すべての取引は公開されています」とメディアThe Blockに対してコメントしている。

images::iStock/Stock-Ninja-Studio・stockdevil)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した