暗号資産取引所FTXが分散型取引所「Serum」をローンチ予定

暗号資産取引所FTXが分散型取引所「Serum」をローンチ予定

暗号資産(仮想通貨)のデリバティブ取引所FTXがDEX(分散型取引所)Serum(セラム)をローンチすることを発表。SerumはSolana Blockchain上で構築されるDEXだ。

Solana Blockchainはパーミッションレスのブロックチェーンで、200のノードからネットワークが形成されている。コンセンサスアルゴリズムはPOH(Proof of History)を実装していて、毎秒50,000以上のトランザクションの持続的なスループットをサポートしている。

Serumのホワイトペーパーによると、DeFi(分散型金融)サービスが数多くリリースされているが、根本的な欠陥が多く残っているとのこと。例えば取引認証スピードが遅いこと、手数料が高いことが大きな問題としてそこであげられている。それが多くのユーザーが取引をする際に、DeFiを選択せずに中央集権取引所を利用している理由だとしている。 

そのほかの課題としてステーブルコインの設計方法、取引オーダーブックの設計方法、BTCとETHなど異種通貨を取引するためのクロスチェーンサポートなどがホワイトペーパーであげられている。

そしてSerumは現在のDeFiの課題を解決し、中央集権的な取引所と同様のレベルでユーザーにサービス提供をすることを目的として開発されているプロトコルであるとのこと。CoindeskのSerumチームへの取材によれば、近日中にサービスがローンチされるとのこと

Serumは、Serum ecosystemのユーティリティートークン「SRM」、Cross-Chain Swaps(クロスチェーンスワップ)、Orderbook(オーダーブック)、Ethereumとの技術的な統合、クロスチェーン決済契約の実装、SerumBTC、SerumUSDの7つを主な構成要素としている。

ユーティリティートークンの「SRM」は、100億SRMを発行上限として発行される予定だ。Serumローンチ時に、100億SRMの10%に相当する10億SRMをプレセール、チーム、コントリビューターに供給される予定とのこと。そしてSRMは1年から7年の間にスマートコントラクトのロックが解除され、売買など可能になるとのこと。なお現段階でSRMはSerumにおける手数料の支払いや手数料の割引などに利用されるとのことだ。

ホワイトペーパーではその他のDEXとSerumの違いとして、Cross-Chain Swaps(クロスチェーンスワップ)について詳しく記載されている。

それによるとSerumと従来のDEXの違いは、取引の認証者にあるとのことだ。Serumでは全ての取引をノードを介さなずスマートコントラクトで取引の認証をするが、従来のDEXでは、Operator(オペレーター)などが取引の行われた最終プロセスとして取引の正当性を判断する仕組みになっている

編集部のコメント

Solana Blockchainは、オラクルソリューションを提供するChainlink(チェーンリンク)、韓国のステーブルコインプロジェクトTerra(テラ)、ワンクリックログインサービスを提供するTorus(トーラス)、メッセンジャーアプリkikを提供するkin(キン)とパートナーシップを結んでいます。

SolanaはEthereumやBitcoinとの相互運用性が非常に高く、グローバルネットワークとして機能しうるパブリックブロックチェーンではないかと期待しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/xu-bing・Nuthawut-Somsuk)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ

マスターカード(Mastercard)が、バックト(Bakkt)と提携し、銀行や加盟企業向けに、暗号資産関連サービスを導入できるソリューション(CaaS:Crypto-as-a-Service)を提供していくことが10月25日に発表された。バックトは米インターコンチネンタル取引所(ICE)の子会社であるデジタル資産サービス企業で、今月18日にティッカーシンボル「BKKT」でニューヨーク証券取引所に上場したばかりだ。

博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始

「Japan Contents Blockchain Initiative(ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ:JCBI)が一般社団法人化したことと、コンテンツ企業向けのウォレットアドレスとコントラクトアドレスの認定事業を開始したことを10月26日発表した